『はばナイスデープロジェクト』で市原を有名に!

『はばナイスデープロジェクト』で市原を有名に!

『はばのり』というと、若い人は知らないか、名前は知っているけれど食べたこと はないという人が大半では。はばのりは、日本各地の外洋に面した海岸でみられる海藻で、ひと昔前まで高価な浅草海苔の代わりに自家用に食べられたという。
 市原では採集はしなかったが、食べる習慣はあったと話すのは、市原で生まれ育った高澤正史さん。「私は、はばのりを正月に食べるのが当たり前という家庭に育ったので、それが全国的にも同様なんだろうと思っていた。ところが、東京の大学に進学し、各地の学生と話していたら、はばのり自体知らない人もいて、地域色が強い食べ物なんだと気づいた。産地でもない市原で、このような食文化が残っているのは珍しい。この文化を途絶えさせたくない、守りたいと思った」と語る。  
 そこで、3年近く前に『市原はばのり研究所』を発足し、有志3人とイベント時に、はばのりの入った『市原雑煮』を販売したり、東海大望洋高校が甲子園出場初出場を決めた時には、はばのりおにぎりを差し入れした。
 今後は、市原のはばのり食文化を後世に伝えていくため、同時に、はばのりで市原を有名にして各地から人が訪れる町おこしにもつなげたいと考えている。大勢の人たちに食べてもらい、需要が増えれば供給する南房総以外の漁協も採集を奨励し、もっと市場に出回るようになり購入の機会も増えるのではないかとも。購入者が増えることで、高価なはばのりの価格も下げられると期待している。
 更に、「食べ物」という観念にプラス「縁起物」としての地位を確立し、入学、就職、加えて新事業や新学期など新たなステージに立つ「祝い事」で食べてもらいたいと高澤さん。こうした取り組み、名付けて『はばナイスデープロジェクト』は、4月から市内3店舗(トラットリアイルミナーレ、ラーメン二重丸、居酒屋茂吉)の料理に、同研究所からのサービスで希望者には、はばのりのトッピングをする。この機会に是非!尚、はばのりの店舗販売はしていないので、購入希望者は同研究所へ問い合わせを。
問合せ おたからや市原店
TEL 0436・79・6214

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る