『はばナイスデープロジェクト』で市原を有名に!

『はばナイスデープロジェクト』で市原を有名に!

『はばのり』というと、若い人は知らないか、名前は知っているけれど食べたこと はないという人が大半では。はばのりは、日本各地の外洋に面した海岸でみられる海藻で、ひと昔前まで高価な浅草海苔の代わりに自家用に食べられたという。
 市原では採集はしなかったが、食べる習慣はあったと話すのは、市原で生まれ育った高澤正史さん。「私は、はばのりを正月に食べるのが当たり前という家庭に育ったので、それが全国的にも同様なんだろうと思っていた。ところが、東京の大学に進学し、各地の学生と話していたら、はばのり自体知らない人もいて、地域色が強い食べ物なんだと気づいた。産地でもない市原で、このような食文化が残っているのは珍しい。この文化を途絶えさせたくない、守りたいと思った」と語る。  
 そこで、3年近く前に『市原はばのり研究所』を発足し、有志3人とイベント時に、はばのりの入った『市原雑煮』を販売したり、東海大望洋高校が甲子園出場初出場を決めた時には、はばのりおにぎりを差し入れした。
 今後は、市原のはばのり食文化を後世に伝えていくため、同時に、はばのりで市原を有名にして各地から人が訪れる町おこしにもつなげたいと考えている。大勢の人たちに食べてもらい、需要が増えれば供給する南房総以外の漁協も採集を奨励し、もっと市場に出回るようになり購入の機会も増えるのではないかとも。購入者が増えることで、高価なはばのりの価格も下げられると期待している。
 更に、「食べ物」という観念にプラス「縁起物」としての地位を確立し、入学、就職、加えて新事業や新学期など新たなステージに立つ「祝い事」で食べてもらいたいと高澤さん。こうした取り組み、名付けて『はばナイスデープロジェクト』は、4月から市内3店舗(トラットリアイルミナーレ、ラーメン二重丸、居酒屋茂吉)の料理に、同研究所からのサービスで希望者には、はばのりのトッピングをする。この機会に是非!尚、はばのりの店舗販売はしていないので、購入希望者は同研究所へ問い合わせを。
問合せ おたからや市原店
TEL 0436・79・6214

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る