懐かしのメロディで午後のひとときを楽しむ

懐かしのメロディで午後のひとときを楽しむ

 4月18日(木)、国分寺公民館で『’70~’80年代 歌おう!Jポップ』講座が開催された。全3回の初回だったが、受講者たちは講師の笠よし子さんのピアノ伴奏で、開始直後の1曲目から声高らかに歌い上げた。
 練習した曲目は8曲。『ブルーライト・ヨコハマ』や『百万本のバラ』などとても有名で世代を超えて歌える曲から、『白いブランコ』、『恋の季節』、『世界は二人のために』などかつての青春時代を過ごした歌まで。指を鳴らしながら軽快にスウィングする男性もいて、それぞれの歌に対する想いの深さが感じられた。
 笠さんは、「歌うのに大事なことは、あいうえおの母音をしっかりと発音すること。伸ばす場所はしっかり最後まで伸ばすこと。周りは気にしないで、自分の声を聴きながら歌うこと。また、歌詞だけを見て歌いがちだが、譜面を覚えることで確実に音程をとれるようになる」と指導。
 1時間半の練習時間はあっという間に過ぎ、受講者は「よく聞こえたよ。あなた良い声をしているね」、「頑張りすぎて声が枯れた」や「なかなか腹から声が出ないので練習しなければ」、「懐かしくて楽しかった。ありがとう」など感想を口にした。成果は6月22日、同公民館で行われるミニコンサート(春)で披露される予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る