ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
山間に咲く薄紅色のシモツケ

 山間の道を車で通り過ぎる景色の中に薄紅色の花が目に入る季節がやってきた。そこは車の往来が多い坂道の途中にあり、路上駐車がはばかれる場所であった。ある年、事故が起きないように車を止めるスペースが見つかり、歩いて戻り、ゆっくり眺めてみた。シモツケ(下野)という夏の花であった。それからはこの花を見るたびに「夏が始まったなあ!」と感じ入るようになった。
 大きくても高さ1メートル程度の落葉低木で、日当たりのよい斜面に多く見られる。人が分け入る腰の高さぐらいのところに、一斉に咲き始め、8月ぐらいまで咲き続ける。細い枝先に多数の花を半球形につける散房花序という姿は、花の重みで倒れそうだ。一つ一つの花は大きさ5ミリぐらいの5弁で、色は、淡紅色、紅色、濃紅色と色々ある。葉は互生、先がとがった卵形の単葉は大きさ5センチぐらい、縁に鋸歯がある。シモツケソウ(下野草)という野草に似ているからなのか、別名をキシモツケと云う。シモツケソウの場合、花は紅色で、葉は複葉。
 市原の中部は斜面を切り開いた道が多い。曲がりくねった道や狭い道もあり、交通事故を起こしかねないので、景色に魅入る余裕などない。それでも一斉に咲き始める山の木々は、その色合いが春とは違う雰囲気をかもしだす。いやな暑さを思い起こさせるものもあれば、暑さを吹き飛ばすこともある。梅雨の間に生い茂った草に隠れていることも多い夏の花だが、見つけたときは、暑さを忘れさせてくれるかもしれない。
 季節ごとに異なる風景の多くは心を和ませてくれる。通り過ぎる景色の中に季節を感じることができるのも、市原の自然が豊かな証と思われる。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る