ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
山間に咲く薄紅色のシモツケ

 山間の道を車で通り過ぎる景色の中に薄紅色の花が目に入る季節がやってきた。そこは車の往来が多い坂道の途中にあり、路上駐車がはばかれる場所であった。ある年、事故が起きないように車を止めるスペースが見つかり、歩いて戻り、ゆっくり眺めてみた。シモツケ(下野)という夏の花であった。それからはこの花を見るたびに「夏が始まったなあ!」と感じ入るようになった。
 大きくても高さ1メートル程度の落葉低木で、日当たりのよい斜面に多く見られる。人が分け入る腰の高さぐらいのところに、一斉に咲き始め、8月ぐらいまで咲き続ける。細い枝先に多数の花を半球形につける散房花序という姿は、花の重みで倒れそうだ。一つ一つの花は大きさ5ミリぐらいの5弁で、色は、淡紅色、紅色、濃紅色と色々ある。葉は互生、先がとがった卵形の単葉は大きさ5センチぐらい、縁に鋸歯がある。シモツケソウ(下野草)という野草に似ているからなのか、別名をキシモツケと云う。シモツケソウの場合、花は紅色で、葉は複葉。
 市原の中部は斜面を切り開いた道が多い。曲がりくねった道や狭い道もあり、交通事故を起こしかねないので、景色に魅入る余裕などない。それでも一斉に咲き始める山の木々は、その色合いが春とは違う雰囲気をかもしだす。いやな暑さを思い起こさせるものもあれば、暑さを吹き飛ばすこともある。梅雨の間に生い茂った草に隠れていることも多い夏の花だが、見つけたときは、暑さを忘れさせてくれるかもしれない。
 季節ごとに異なる風景の多くは心を和ませてくれる。通り過ぎる景色の中に季節を感じることができるのも、市原の自然が豊かな証と思われる。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る