ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
山間に咲く薄紅色のシモツケ

 山間の道を車で通り過ぎる景色の中に薄紅色の花が目に入る季節がやってきた。そこは車の往来が多い坂道の途中にあり、路上駐車がはばかれる場所であった。ある年、事故が起きないように車を止めるスペースが見つかり、歩いて戻り、ゆっくり眺めてみた。シモツケ(下野)という夏の花であった。それからはこの花を見るたびに「夏が始まったなあ!」と感じ入るようになった。
 大きくても高さ1メートル程度の落葉低木で、日当たりのよい斜面に多く見られる。人が分け入る腰の高さぐらいのところに、一斉に咲き始め、8月ぐらいまで咲き続ける。細い枝先に多数の花を半球形につける散房花序という姿は、花の重みで倒れそうだ。一つ一つの花は大きさ5ミリぐらいの5弁で、色は、淡紅色、紅色、濃紅色と色々ある。葉は互生、先がとがった卵形の単葉は大きさ5センチぐらい、縁に鋸歯がある。シモツケソウ(下野草)という野草に似ているからなのか、別名をキシモツケと云う。シモツケソウの場合、花は紅色で、葉は複葉。
 市原の中部は斜面を切り開いた道が多い。曲がりくねった道や狭い道もあり、交通事故を起こしかねないので、景色に魅入る余裕などない。それでも一斉に咲き始める山の木々は、その色合いが春とは違う雰囲気をかもしだす。いやな暑さを思い起こさせるものもあれば、暑さを吹き飛ばすこともある。梅雨の間に生い茂った草に隠れていることも多い夏の花だが、見つけたときは、暑さを忘れさせてくれるかもしれない。
 季節ごとに異なる風景の多くは心を和ませてくれる。通り過ぎる景色の中に季節を感じることができるのも、市原の自然が豊かな証と思われる。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る