ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
山間に咲く薄紅色のシモツケ

 山間の道を車で通り過ぎる景色の中に薄紅色の花が目に入る季節がやってきた。そこは車の往来が多い坂道の途中にあり、路上駐車がはばかれる場所であった。ある年、事故が起きないように車を止めるスペースが見つかり、歩いて戻り、ゆっくり眺めてみた。シモツケ(下野)という夏の花であった。それからはこの花を見るたびに「夏が始まったなあ!」と感じ入るようになった。
 大きくても高さ1メートル程度の落葉低木で、日当たりのよい斜面に多く見られる。人が分け入る腰の高さぐらいのところに、一斉に咲き始め、8月ぐらいまで咲き続ける。細い枝先に多数の花を半球形につける散房花序という姿は、花の重みで倒れそうだ。一つ一つの花は大きさ5ミリぐらいの5弁で、色は、淡紅色、紅色、濃紅色と色々ある。葉は互生、先がとがった卵形の単葉は大きさ5センチぐらい、縁に鋸歯がある。シモツケソウ(下野草)という野草に似ているからなのか、別名をキシモツケと云う。シモツケソウの場合、花は紅色で、葉は複葉。
 市原の中部は斜面を切り開いた道が多い。曲がりくねった道や狭い道もあり、交通事故を起こしかねないので、景色に魅入る余裕などない。それでも一斉に咲き始める山の木々は、その色合いが春とは違う雰囲気をかもしだす。いやな暑さを思い起こさせるものもあれば、暑さを吹き飛ばすこともある。梅雨の間に生い茂った草に隠れていることも多い夏の花だが、見つけたときは、暑さを忘れさせてくれるかもしれない。
 季節ごとに異なる風景の多くは心を和ませてくれる。通り過ぎる景色の中に季節を感じることができるのも、市原の自然が豊かな証と思われる。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る