愛らしい手作りの小物たち

愛らしい手作りの小物たち

 ぎっしりと並べられたかわいい小物の数々。作り手は市内在住、手作り小物販売『れんげ畑』の松本五恵さん(47)だ。15年ほど前に子どもの幼稚園のバザー品を手作りしたのがきっかけで、現在はフリーマーケットへの出店や『カフェトリトン五井店』で年に数回、販売会を行っている。
 布製の小物入れや髪飾り、エコクラフトで作ったカゴ、ビーズのアクセサリーなど種類も手法も様々。デザインもカントリー調のものから花柄、季節品と豊富だが、どれも手に取るとやさしい気持ちになるものばかり。ガチャポンやラップの芯を利用した針山や卵の殻を使ったポプリなどリサイクル品も松本さんのアイデアでおしゃれな小物に変身する。「うちはアナログで、パソコンもミシンもありません」と松本さん。だが、手作り品に関しては雑貨屋を回ったり本を読んで勉強したり、新しい情報の先取りには労を惜しまない。「ローズ柄が人気なので増やしたい。いつか、独立したお店を持ちたいから作り続けます。販売会や講習会など出張しますよ」と意気込みを話してくれた。
 6月15日(土)に上総更級公園でのフリーマーケットに出店予定。お値段は50円のちょこっと袋から3000円くらいまで。「是非見て選ぶ楽しさを味わってほしい」とのこと。
問合せ 松本さん
TEL 080・5010・4094

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る