愛らしい手作りの小物たち

愛らしい手作りの小物たち

 ぎっしりと並べられたかわいい小物の数々。作り手は市内在住、手作り小物販売『れんげ畑』の松本五恵さん(47)だ。15年ほど前に子どもの幼稚園のバザー品を手作りしたのがきっかけで、現在はフリーマーケットへの出店や『カフェトリトン五井店』で年に数回、販売会を行っている。
 布製の小物入れや髪飾り、エコクラフトで作ったカゴ、ビーズのアクセサリーなど種類も手法も様々。デザインもカントリー調のものから花柄、季節品と豊富だが、どれも手に取るとやさしい気持ちになるものばかり。ガチャポンやラップの芯を利用した針山や卵の殻を使ったポプリなどリサイクル品も松本さんのアイデアでおしゃれな小物に変身する。「うちはアナログで、パソコンもミシンもありません」と松本さん。だが、手作り品に関しては雑貨屋を回ったり本を読んで勉強したり、新しい情報の先取りには労を惜しまない。「ローズ柄が人気なので増やしたい。いつか、独立したお店を持ちたいから作り続けます。販売会や講習会など出張しますよ」と意気込みを話してくれた。
 6月15日(土)に上総更級公園でのフリーマーケットに出店予定。お値段は50円のちょこっと袋から3000円くらいまで。「是非見て選ぶ楽しさを味わってほしい」とのこと。
問合せ 松本さん
TEL 080・5010・4094

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る