再生

再生
文と絵 山口高弘

 いいですか、おもむろに先生が切り出しました。「あなたがたの体は何十兆もの細胞でできています。その細胞一つひとつは、日々、生まれ、死に、増えては減って、あなたがたの体を維持しているのです」。落書きを書く手を僕は止めました。英語の授業でした。「ですから」「あなたがたは毎日、生まれ変わっているのです。生まれ変わろう、と悩まなくとも。何億もの細胞が放っておいても再生して、あなたがた自身でいる事を維持し、次のあなたがた自身が体じゅうで生まれているのです」
 大学の小さな教室が、一つの巨大な耳となりました。「授業を続けます」
 僕がノートに書き止める間もなく再び先生は英語のテキストを読み上げ始め、外の小鳥のさえずりと、ページをめくる音が教室に戻りました。
 煌々と明かりのついた夜の本屋の棚の前で、疲れた顔で自己啓発本を手に取った刹那、僕はそのシーンを思い出しました。『生まれ変わろう』、本の帯と表紙で、ネクタイ姿の成功者が主張している。ちがう。俺はもう、この瞬間だって、自分らしく再生してるんだ。本を戻し、じっと手を見ました。
外に出ると遠くの田から蛙の合唱がこだましていて、おだやかな雨が降っていました。季節は移ろい命は循環して、ほんの紙っぺら一枚ぶんほど、自分は年を重ねたのです。
 そんなある日、弟に赤ちゃんが生まれました。細胞たちの『人生』の始まりです。生まれたての命は、外の世界を確かめながら、穏やかな顔で家族たちを見つめ返しました。この先長い人生で、どんな自分らしさを得ていくのだろう。『井の中の蛙』にはすまい、広い世界を見るんだぞ。親でもないのに、親心は大きくなるばかりです。
 ごめん遅くなった。赤ん坊を見ていて待ち合わせに遅刻すると、仲間が笑いました。お前らしいな。行くぞほら。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る