春の薬膳料理で心身をリフレッシュ!

春の薬膳料理で心身をリフレッシュ!

 4月26日(金)、加茂公民館の『春の健康薬膳料理』講座に15名の受講者が参加、体調不良を起こしやすい季節への対策を学んだ。講師は木村みどりさん。
 実践料理は白身魚の若竹蒸し、カレーピラフ、しじみと小松菜のチャウダー、白キクラゲと果物のサラダの4種類。「春は人間の体の機能が活発になる。環境の変化にともない情緒不安定になりがち。さらに風が多い春は、風が上に吹き上がるように頭や顔など体の上部の調子も崩しやすい。そこでバランスを整えながら気分を落ち着かせる食材をとって心身のリラックスを第一に考えましょう」と木村さん。
 精神を安定させる食品は、貝類、春菊、セロリなど。肝臓に働きかける食品はレバー、小松菜、海草、イチゴやクコの実など。解毒作用のある食品は小豆やセロリ、春の山菜である蕗、ワラビ、タラの芽など。「白キクラゲなんて初めて見た」、「しじみの代わりにあさりでも作れるね」と食材を手早く調理しながら話す受講者達。
 一見薬膳ではないと思うカレーピラフにも、カレー粉の主成分であるターメリック、通称ウコンに血行促進や脳の老化を抑え肝機能を高める成分がある。またひじきを加えることで食物繊維を増やし、貧血予防効果狙う工夫も。
 完成すると、皆「若竹蒸しのワカメに味がしっかりと染みこんでいる」、「フルーツサラダの色合いが綺麗!」、「小松菜のチャウダーなんて初めて食べたけれど美味しい」など感想を言い合いながらテーブルに並んだ料理を何枚も写真に収めていた。これで健康間違いなし!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る