いざという時に!

いざという時に!

 5月24日(金)、五井楽学塾『地震が起きたら』(五井公民館主催事業)が開催され102名が参加した。地域防災インストラクターの坂内美佐子さんが、まずは過去の災害に学ぶと題し、映像を使って地球の内部、災害の種類、東日本大震災での千葉県の被害状況等を話し始めた。
 途中、五井周辺付近の過去の地盤を知るために明治時代の地図と現在を比べ、居住地の揺れやすさ、土砂災害、浸水の危険性等や東京湾北部地区に地震が起きた想定で、身近に起こりうるであろう出来事の話が続いた。
 休憩後、災害時準備や対策についての話が進んだ。非常用袋は、自分が必要な最低限なものを各自で用意しておき、例えば枕元に置いてある場合は飛ばないように固定する。また、外出する際も何かあった場合に備え、水などを日頃から持ち歩くことを心がけることが大切だという。
 動画映像では、地震対策をしていないオフィスの様子や自宅寝室で洋服ダンスなどが倒れこんでくる様子が流れ、見ていた参加者からは驚きの声があがった。対策として、家具の固定、ガラスの飛散防止等や家族で防災時の連絡方法や避難場所の確認などをすること。また、災害用伝言ダイヤルは、そこに家族が171(イナイ)と覚えておくと良いという。
 地震が起きた場合、それに付随していろんなことが起きる。まずは『わが身、わが命は自分で守る』こと。不意の災害に普段から備えることが大事だと教わった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る