個性あふれるメガネケース!

個性あふれるメガネケース!

 6月6日(木)、南総公民館主催事業『レザークラフト メガネケース作り』が行われ18名が参加した。レザークラフト講師の秋山理恵子さんから黒板に書かれた手順の説明を受けた後、参加者はまず霧吹きを使い皮の表側全体を濡らした。
 続いて数種類のアルファベット、絵刻印の中から自分の好きなものを選び、木槌を使いながら皮表面にイニシャルや花などの絵柄を個々の思い通りに刻印していった。
 色を塗る前、秋山さんに塗料の調合をしてもらうので色合いを相談する人もいた。色塗りは皮全体にムラなく塗ろうとするがうまくいかなかったり、絵柄を塗るのに苦戦したりしながらも黙々と作業を繰り返した。また色が薄かったら二度塗りをする事や革が乾いている場合は、湿らせてから染料を塗ると良いとのアドバイスも受けた。
 塗り終わったら白い布でやさしく磨く。更にレザーコート(ツヤだし)を塗って約2、3分乾かしてからまた磨くと一層光沢がでて色鮮やかになる。乾かした後は裏用生地(のりつき側)の上に皮をのせ貼りつけ、型通りにハサミで切る。続いて、接着剤を革の裏面に適量のせ、爪楊枝で均等に延ばし貼り合わせる。最後は穴あけ機で数カ所空け、その部分に皮ひもを通し完成。「楽しかったです」とオリジナル作品を手に参加者の皆さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る