個性あふれるメガネケース!

個性あふれるメガネケース!

 6月6日(木)、南総公民館主催事業『レザークラフト メガネケース作り』が行われ18名が参加した。レザークラフト講師の秋山理恵子さんから黒板に書かれた手順の説明を受けた後、参加者はまず霧吹きを使い皮の表側全体を濡らした。
 続いて数種類のアルファベット、絵刻印の中から自分の好きなものを選び、木槌を使いながら皮表面にイニシャルや花などの絵柄を個々の思い通りに刻印していった。
 色を塗る前、秋山さんに塗料の調合をしてもらうので色合いを相談する人もいた。色塗りは皮全体にムラなく塗ろうとするがうまくいかなかったり、絵柄を塗るのに苦戦したりしながらも黙々と作業を繰り返した。また色が薄かったら二度塗りをする事や革が乾いている場合は、湿らせてから染料を塗ると良いとのアドバイスも受けた。
 塗り終わったら白い布でやさしく磨く。更にレザーコート(ツヤだし)を塗って約2、3分乾かしてからまた磨くと一層光沢がでて色鮮やかになる。乾かした後は裏用生地(のりつき側)の上に皮をのせ貼りつけ、型通りにハサミで切る。続いて、接着剤を革の裏面に適量のせ、爪楊枝で均等に延ばし貼り合わせる。最後は穴あけ機で数カ所空け、その部分に皮ひもを通し完成。「楽しかったです」とオリジナル作品を手に参加者の皆さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る