大学の施設を使い生涯スポーツを

大学の施設を使い生涯スポーツを
『帝京平成スポーツアカデミー』スタート

 市原市にある帝京平成大学『千葉キャンパス(うるいど南)』とちはら台の『ちはら台キャンパス(ちはら台)』において、5月から総合地域型スポーツクラブ『帝京平成スポーツアカデミー』がスタートした。総合型地域スポーツクラブとは、1995年から文部科学省が実施するスポーツ振興施策のひとつで、子どもから高齢者まで地域の誰もが、継続的にスポーツに親しむことができる環境を提供する地域密着型のスポーツクラブのこと。
 これまでも帝京平成大学では、さまざまな形での地域貢献活動を行ってきたが、今回はグラウンド、体育館などキャンパス内の施設および専門の知識を持つ教授など人的資源を活用し、学生はもちろん、地域住民がスポーツに親しみ、健康づくりを学ぶ場として交流を深めていきたいと考えている。
 帝京平成スポーツアカデミーの運営委員長で帝京平成大学教授の桂川保彦さんによると、大学では、「スタート前に市のスポーツ振興課の方や体育協会の方たちと意見交換をし、地元で足りないものや、公民館などで定員いっぱいで入れないものなど、地域が求めていることをやろう」と大学ならではのプログラムを考えたという。
 人気の『ヨガ』や『ヒップホップダンス』、『バドミントン』のプログラムに加え、「市テニス協会から初心者が習える場が少ないとの話を聞き、大人の『テニス』と『ジュニアテニス』のプログラムを立ち上げました。ほかにも、ジュニアのゴルフ選手を育成してほしいという要望もあり、『ジュニアゴルフ』や、今年大学に女子サッカー部ができ、千葉キャンパスに人工芝のグラウンドを整備したので、そこを使って『女子サッカー』のプログラムも企画しています」と桂川さん。
 また、地域医療学部で理学療養士や看護師、救急救命士を養成している大学ならではの、高齢者向けプログラムもある。転倒骨折などによる寝たきりを防止する『転倒予防教室』や、高齢者でも楽しめる『ラージボール卓球』。また自分で体をコンントロールできない子どもが増えている中、筋肉と神経の協調性を育成する『チャイルドコーディネーション』、障がい者スポーツの『車いすテニス』など、その道の第一人者が指導、監修を務める。
 それぞれのプログラムは、2カ月8回を1クールとし、入会金1000円のほか、1プログラムにつき参加費(2000〜4000円)が必要。八幡宿駅または蘇我駅から、若宮団地や市役所前を通る無料循環バスも運行されているので、交通手段が不安な方も参加しやすい。7月からは第2クールがスタートする。「今後プロのバスケットリーグやジェフのレディースとの連携なども考えています。夏は学生が夏休みに入るので、その都度プログラムの見直しを行い、みなさんが参加しやすいプログラムをどんどん提供していきたいと思っています。地元の方からの要望も大歓迎です」と桂川さん。
 充実した大学の施設で、第一人者の指導の下、スポーツが楽しめる。ぜひこの機会に新しいことを始めてみよう。

問合せ
帝京平成スポーツアカデミー(千葉キャンパス内)
TEL/0436-74-6369

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る