私って、実はこんなタイプだったの?

私って、実はこんなタイプだったの?

 7月9日(火)、菊間保健福祉センター主催で、『心理学で自分探し 自分再発見』講座が開かれた。講師は心理カウンセラーやアートセラピストである今井千絵さん。参加した受講者は18名だった。まず行うのがタイプテスト。人間は毎日の生活の中で様々な分類により区分けされている。性別、星座、干支、血液型などなど。そこで、心理学的に見て各々のタイプを分類するために、2種類のタイプテストの各24問の質問に対して当てはまるか点数を付ける。質問を6個ずつに分けて合計を出すと各種4タイプ、計8タイプが表れる。分類上で最も合計点の高いものが自分の主機能となる。
 内向型か、外向型か。また思考、感情、感覚、直感、どの機能が自分は高いのかを知るために参加者は黙々と点数を出していく。今井さんが「自分の体を維持するのに心にも栄養が必要。自分をより深く理解してこれからの毎日を充実させましょう。内向、外向はタイプであり性格が暗いとかではない。友達が髪を切って、綺麗ね、今日の服にも似合うわと言うのが外向型。綺麗ね、でも切りたくなる何か理由があったのと聞くのが内向型。どう感じるかということ」と話すと、「当たっている!」、「自分の本心を見抜けたようで意外!」など興奮の混じった声が多数上がる。
「タイプテストをすることでいろんなタイプの人間がいることを再確認し、相手を把握することにも役立てられる」と今井さん。自分の一番点数の低い、つまり弱点とも言える劣等機能を伸ばすためには、それを主機能とする人間である正反対のタイプと付き合うのがコツだとか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る