私って、実はこんなタイプだったの?

私って、実はこんなタイプだったの?

 7月9日(火)、菊間保健福祉センター主催で、『心理学で自分探し 自分再発見』講座が開かれた。講師は心理カウンセラーやアートセラピストである今井千絵さん。参加した受講者は18名だった。まず行うのがタイプテスト。人間は毎日の生活の中で様々な分類により区分けされている。性別、星座、干支、血液型などなど。そこで、心理学的に見て各々のタイプを分類するために、2種類のタイプテストの各24問の質問に対して当てはまるか点数を付ける。質問を6個ずつに分けて合計を出すと各種4タイプ、計8タイプが表れる。分類上で最も合計点の高いものが自分の主機能となる。
 内向型か、外向型か。また思考、感情、感覚、直感、どの機能が自分は高いのかを知るために参加者は黙々と点数を出していく。今井さんが「自分の体を維持するのに心にも栄養が必要。自分をより深く理解してこれからの毎日を充実させましょう。内向、外向はタイプであり性格が暗いとかではない。友達が髪を切って、綺麗ね、今日の服にも似合うわと言うのが外向型。綺麗ね、でも切りたくなる何か理由があったのと聞くのが内向型。どう感じるかということ」と話すと、「当たっている!」、「自分の本心を見抜けたようで意外!」など興奮の混じった声が多数上がる。
「タイプテストをすることでいろんなタイプの人間がいることを再確認し、相手を把握することにも役立てられる」と今井さん。自分の一番点数の低い、つまり弱点とも言える劣等機能を伸ばすためには、それを主機能とする人間である正反対のタイプと付き合うのがコツだとか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る