村田川の美化活動

村田川の美化活動 
市原・千葉の市民が力を合わせる

 市原市内北東部を流れ、東京湾へと注ぎ込む2級河川村田川。下流部はちょうど北側の千葉市と南側の市原市の境界線となっている。毎月第2土曜の午前中に、この川の土手のゴミを拾い、草刈りをしているのはボランティアグループ『村田川四季の道の会』だ。土手にある測量事務所の社員と『村田川四季の道の会』会長の梅木祐一さん(68)が正式にこのグループを立ち上げたのは3年前。メンバー登録しているのは千葉市と市原市の有志42名で、老若男女が地域の絆を大切にしながら楽しく美化活動に取り組んでいる。若手もいるのが心強い。
 清掃範囲は高島橋(八幡)から西方向にJR線路の下辺りまで、約1・5キロの広い範囲の土手両側。朝8時半に集まり、元気よくラジオ体操から始める。取材日はとても暑かったので、皆さん汗だくになりながら、それでも笑顔で作業を行っていた。「みんなが楽しくウォーキングできるように。ここをメインに散歩に来る人もいるのよ」と嬉しそうに話す女性。「市原市の玄関なんだから、いいイメージを持ってほしい」この地に愛着を持った人たちの熱い思いがあるからこその活動だ。
 一部のメンバーは寄付で集まった四季の花々を植える作業も行っている。春には菜の花、6月には紫陽花、秋にはコスモスなど、散歩者の目を楽しませてくれる。「県一美しい河川敷にしたい」と梅木さん。それには「ゴミや犬の糞は持ち帰ってほしいです」とメンバーからのお願い。また、「一緒に楽しく活動してくれるボランティアを募集中です」とのこと。(礒川)
お問い合せ:柏原さん・大和さん 
TEL:043-266-7915

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る