子どもが反抗期を迎えたら…

子どもが反抗期を迎えたら…

 6月23日(日)、南総公民館主催『子育て特別講座 反抗期に向き合う』が行われた。講師の学校運営アドバイザー長嶋武男さんは市原市内の校長を歴任し、数々の中学校や青少年指導センターでいろんな問題を抱えた子どもたちと向き合った自らの体験を語った。
 子どもが反抗期を迎えた時に家族はどう対応したらよいのか?。反抗期は、主に第1次成長期(0歳から3歳)、第2次成長期(13歳から15歳)に分けられる。第2次成長期は両親に秘密をもつ年代になり、急激に自我感情が強くなる。大人の言動や兄妹のなかで親の対応が違うなど、大人の反応を子どもたちは敏感に感じとる。だからこそ会話が大事になる。例えば子どもの話に耳を傾ける、思いを共感する、会話をするときは大人も心の余裕を持って接すること等がポイントとのこと。
「突然、中学の時に娘が一切口を利かなくなった」と長嶋さん。今まで何でも話(相談)をしていた我が子が急に態度が変わる。本当は、なんでも親に相談し頼って欲しいというのが本音だが我慢し見守り続けた。この頃、親も『子離れ』をする時期になる。また自分の子どもだけでなく、地域で協力し子どもたちを育てることも大事だという。「いつでもあなたの味方よ」と誰かが見守り続けているとわかれば、子どもたちは安心すると語った。(田中)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る