子どもが反抗期を迎えたら…

子どもが反抗期を迎えたら…

 6月23日(日)、南総公民館主催『子育て特別講座 反抗期に向き合う』が行われた。講師の学校運営アドバイザー長嶋武男さんは市原市内の校長を歴任し、数々の中学校や青少年指導センターでいろんな問題を抱えた子どもたちと向き合った自らの体験を語った。
 子どもが反抗期を迎えた時に家族はどう対応したらよいのか?。反抗期は、主に第1次成長期(0歳から3歳)、第2次成長期(13歳から15歳)に分けられる。第2次成長期は両親に秘密をもつ年代になり、急激に自我感情が強くなる。大人の言動や兄妹のなかで親の対応が違うなど、大人の反応を子どもたちは敏感に感じとる。だからこそ会話が大事になる。例えば子どもの話に耳を傾ける、思いを共感する、会話をするときは大人も心の余裕を持って接すること等がポイントとのこと。
「突然、中学の時に娘が一切口を利かなくなった」と長嶋さん。今まで何でも話(相談)をしていた我が子が急に態度が変わる。本当は、なんでも親に相談し頼って欲しいというのが本音だが我慢し見守り続けた。この頃、親も『子離れ』をする時期になる。また自分の子どもだけでなく、地域で協力し子どもたちを育てることも大事だという。「いつでもあなたの味方よ」と誰かが見守り続けているとわかれば、子どもたちは安心すると語った。(田中)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  2. 「茂原七夕まつり」に合わせ、「第4回茂原七夕まつりスリッパ飛ばし選手権」が開催されます。  子どもの頃、「明日天気になーれ」と叫びながら…
  3.  女優オードリー・ヘプバーンについての後半。主な出演作と受賞歴などを時系列でお届けします。  「ローマの休日」1953年(昭和28年)、監…
  4. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  5. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  6. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  7.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  8.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る