ねじ花  遠山あき

ねじ花  遠山あき

 本来は春の終わり頃、土手や野の道に咲くねじ花、本当の名は『文字ずり』という。古くから短歌などにうたわれている、昔から愛されていた野の花だ。子どもの頃は、道端のどこにでも沢山咲いていた。二十センチほどの細い茎に可憐なピンクの小花が茎を巻くように咲き登っていく。たおやかな小さい筒型のおとなしい花だ。そのやさしい風情が好きで、見つけるといつまでも眺めていたものだ。
 ところがこの花、見かけは優しそうなのに気難しい花らしい。いつでも何処でも咲くかと思ったら、近年はとんと見かけなくなった。気温、湿度、陽気などが体質にあわないと芽を出さないのだ。去年はいくら探しても見つからなかった。もう絶えてしまったかとがっかりしていた今年、いつも通る道端の大木の下、草の中ですらりと茎を伸ばしているのを見つけた。本格的な暑さが始まった7月初旬のことだった。
「まあ、久しぶり!」思わず走り寄った。あ、その先にも、あそこにも!そよ風になよなよと細い茎を揺すって咲いているではないか。今年の気候がねじ花の体質に合ったのだろう。ここ四年ほど見かけなかったその間、花の根は踏まれたり草刈りをされたり、雪に覆われたり炎天に干されたりしていたのに、ねじ花の命はしぶとく眠っていた。この細い茎の根は黙々と地下で長い時間を待っていた。
 長い眠りから覚めて花を開いたが、もし地球の環境が昔とすっかり変わってしまったら、ねじ花の命はどうなるのだろう。思えば知らぬうちに、多くの植物や生き物が地球上で生まれたり滅びたりしているのかもしれない。とすれば、この私だって地球の上の生物にすぎないのだから、ねじ花同様の『生』を与えられている。可憐なねじ花を見つめながら、果てしない宇宙の『ゆくえ』と自分の命の営みをしみじみと思ったのである。
 でも、ピンクの可憐なねじ花は、香るともいえない微かな香りを漂わせながら、『今』の命を精一杯咲いている。心もとなく微風に揺れるねじ花に限りないいとしさを感じながら、私も明るい太陽の光を浴びて、『今』を精一杯に生きることにしようと思う。ねじ花よ、元気でいこうね!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る