ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
虹色に輝く羽で優雅に舞うチョウトンボ

 チョウのようにヒラヒラと優雅に飛翔するトンボがいる。名前も中途半端な「チョウトンボ」。しかしれっきとしたトンボで、時折直線的に飛行し、俊敏に昆虫を捉えて食べる。市原でもヒシやアサザなどの浮葉植物や、ガマ、アシ、マコモなどの抽水植物などの水草がある湖沼で群れをなして飛ぶ姿が見られる。
 腹長は20~25ミリほどで小さめ。羽は全体的に青紫色、前羽は細長く、後羽は幅広く大きいのが特徴だ。雄の羽は強い金属光沢を持ち光の角度によって虹色に光る。光によって羽の色がこんなに変化するトンボは少ない。
 チョウトンボの撮影をする時は、いかに美しい色で撮影できるか太陽の方向を考慮し、立つ位置やレンズの向きを考える。それでも思うようにはできないが、時に眩ゆいばかりの色彩で撮影できたときは、何だか得した気分になる。キラキラと乱舞している様は、眺めているだけでも飽きない。
 青紫色の羽の先端は無色透明で、その面積や境界の模様は個体ごとに異なる。いわば指紋のようなものだ。そのため、一般的なトンボの個体識別が困難であるのに対し、チョウトンボは可能だ。特定の個体を追いかけることで縄張り行動やディスプレー、交尾、生息期間など把握できる。また、一頭ごとに名前をつけて楽しむこともでき、観察もより楽しくなる。
 農薬や埋立てなど開発の影響で減少が言われており、千葉県レッドデータブックのCランク(要保護生物)に位置づけられている。ただ、池の管理の名目で水草をキレイに取り除いてしまうと、激減したケースが何箇所かあり、管理方法の影響が大きいと感ずる。人間の都合だけでなく、生き物を思いやるような湖沼の管理方法が望まれる。
 虹色に輝くチョウトンボの観察は心ときめくものだが、炎天下の中になる。熱中症対策を忘れずに!
ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る