介護保険について学ぼう

介護保険について学ぼう

 7月19日(金)、五井楽学塾『介護保険 支えるとき利用するとき』(五井公民館主催)が行われた。介護保険の加入者は、第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳から64歳)の2種類に分かれ、介護サービスを利用できる条件も異なる。
 講師の川崎八重子さん(千葉県金融アドバイザー)は、テキストとなる『介護保険』(市原市)の冊子に添って、介護保険制度のしくみ、利用や申請のしかた、利用者の負担額等を分りやすく説明した。要介護認定(どのくらいの介護が必要か)の訪問調査ときには、心身の状況について本人や家族から聞き取り調査を行うのだが本人が「よく見せたい」という心理が働き、普段できないことをできると伝える人が多いという。そんなときは「本人のいない場所で家族が担当者に、実は普段はこうですと伝えることが大事」と川崎さん。認定結果によって受けられるサービスが違うからだ。また、かかりつけの病院を決めておくと良いとのこと。
 各区市町村には地域包括支援センターがあり、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー等が中心となり総合相談・支援、介護予防ケアマネジメント等地域の高齢者の総合的な支援を行っているので利用すると良いとのアドバイスも受けた。川崎さんの体験談なども語られ、参加者たちはメモを取るなどして聞き入っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る