介護保険について学ぼう

介護保険について学ぼう

 7月19日(金)、五井楽学塾『介護保険 支えるとき利用するとき』(五井公民館主催)が行われた。介護保険の加入者は、第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳から64歳)の2種類に分かれ、介護サービスを利用できる条件も異なる。
 講師の川崎八重子さん(千葉県金融アドバイザー)は、テキストとなる『介護保険』(市原市)の冊子に添って、介護保険制度のしくみ、利用や申請のしかた、利用者の負担額等を分りやすく説明した。要介護認定(どのくらいの介護が必要か)の訪問調査ときには、心身の状況について本人や家族から聞き取り調査を行うのだが本人が「よく見せたい」という心理が働き、普段できないことをできると伝える人が多いという。そんなときは「本人のいない場所で家族が担当者に、実は普段はこうですと伝えることが大事」と川崎さん。認定結果によって受けられるサービスが違うからだ。また、かかりつけの病院を決めておくと良いとのこと。
 各区市町村には地域包括支援センターがあり、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー等が中心となり総合相談・支援、介護予防ケアマネジメント等地域の高齢者の総合的な支援を行っているので利用すると良いとのアドバイスも受けた。川崎さんの体験談なども語られ、参加者たちはメモを取るなどして聞き入っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る