自分の歴史や思いを綴ろう!

自分の歴史や思いを綴ろう!

 7月5日(金)、五井楽学塾『自分史を書こう』(五井公民館主催)が行われた。現在、家族や夫婦の間で言えなかった気持ちを文字に託す人や、自分の歴史を後世に残す財産として自分史作りをする人が増えているという。
 講師の永島静香さん(東京創作出版代表)は「自分史と言っても日常を題材した日記、エッセイや写真集等種類もいろいろです」と数種類の自費出版された本を紹介した。
それでは自分史を書くイメージをしてみましょうと、事前に渡されていた白い紙を指示通りに折り6つにわかれた箇所に5W1H(誰に読んで欲しい?何をテーマに?どこの思い出等)を書き込んでいった。「どなたか発表したいかたは?」と永島さん。会場を見まわしながら2人の男性が選ばれ、それぞれが前に出て発表した。
 自分史を書くポイントでは型式を時系列で書く場合は大きく時代を6つに分け、更に時代ごとに書くテーマを6つに分ける。1テーマにつき原稿用紙2から4枚を目標に上手に書こうとせずに思いのまま書き、つめこみすぎずに継続していくことが大事だという。また、材料として旅行などに行った時の資料や年賀状、写真等を残しておくと良いとのこと。自分史を通して、自己再発見やこれからの生き方を考えるきっかけにもなるという。最後に出版の流れや出版社選びのポイントで終了した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る