ネクタイが大変身

ネクタイが大変身
暖簾(のれん)にリメイク

 毎月第3火曜日、国分寺公民館では手芸サークル『クロスリフォーム』のメンバーが数々の作品を作り上げている。講師は中西利江さん。『クロスリフォーム』は約20年前に立ち上げられたサークルで、メンバーは17名。使い古したネクタイをリサイクルして素敵な小物などに変化させてしまう。 
 7月16日(火)、この日行われたのは『ネクタイで作るのれん』。用意する物は以下。ネクタイ6本くらい、発砲スチボール1.5センチを100個くらい、ウッドビーズ14ミリを20個くらい、芯を貼る別布が15×75。
 まず、ネクタイの先端を切り落とし、縫い糸をすべてほどき、アイロンを掛ける。そして、15~20ミリの幅で長さ1メートルのループを作る。大体一本のネクタイで2本作れる。その中に発砲スチボールを通したら結ぶことを繰り返し、全体の長さは大体50センチほどで11本作成。必要な長さに切ったら残りはウッドビーズを通して上部の飾り付けに10本。別布を芯に貼り、7センチ間隔で縫いつける。
「ネクタイによって全然違う。プリント生地は薄くて伸びやすい。真ん中をアーチ型にしたり色を変えたりと生活スタイルに合わせて作ってみてください。切り離したネクタイの先端で次回はお花を作りましょう」と中西さん。さすが、クロスリフォーム。無駄なものはひとつもない!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る