ネクタイが大変身

ネクタイが大変身
暖簾(のれん)にリメイク

 毎月第3火曜日、国分寺公民館では手芸サークル『クロスリフォーム』のメンバーが数々の作品を作り上げている。講師は中西利江さん。『クロスリフォーム』は約20年前に立ち上げられたサークルで、メンバーは17名。使い古したネクタイをリサイクルして素敵な小物などに変化させてしまう。 
 7月16日(火)、この日行われたのは『ネクタイで作るのれん』。用意する物は以下。ネクタイ6本くらい、発砲スチボール1.5センチを100個くらい、ウッドビーズ14ミリを20個くらい、芯を貼る別布が15×75。
 まず、ネクタイの先端を切り落とし、縫い糸をすべてほどき、アイロンを掛ける。そして、15~20ミリの幅で長さ1メートルのループを作る。大体一本のネクタイで2本作れる。その中に発砲スチボールを通したら結ぶことを繰り返し、全体の長さは大体50センチほどで11本作成。必要な長さに切ったら残りはウッドビーズを通して上部の飾り付けに10本。別布を芯に貼り、7センチ間隔で縫いつける。
「ネクタイによって全然違う。プリント生地は薄くて伸びやすい。真ん中をアーチ型にしたり色を変えたりと生活スタイルに合わせて作ってみてください。切り離したネクタイの先端で次回はお花を作りましょう」と中西さん。さすが、クロスリフォーム。無駄なものはひとつもない!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る