ネクタイが大変身

ネクタイが大変身
暖簾(のれん)にリメイク

 毎月第3火曜日、国分寺公民館では手芸サークル『クロスリフォーム』のメンバーが数々の作品を作り上げている。講師は中西利江さん。『クロスリフォーム』は約20年前に立ち上げられたサークルで、メンバーは17名。使い古したネクタイをリサイクルして素敵な小物などに変化させてしまう。 
 7月16日(火)、この日行われたのは『ネクタイで作るのれん』。用意する物は以下。ネクタイ6本くらい、発砲スチボール1.5センチを100個くらい、ウッドビーズ14ミリを20個くらい、芯を貼る別布が15×75。
 まず、ネクタイの先端を切り落とし、縫い糸をすべてほどき、アイロンを掛ける。そして、15~20ミリの幅で長さ1メートルのループを作る。大体一本のネクタイで2本作れる。その中に発砲スチボールを通したら結ぶことを繰り返し、全体の長さは大体50センチほどで11本作成。必要な長さに切ったら残りはウッドビーズを通して上部の飾り付けに10本。別布を芯に貼り、7センチ間隔で縫いつける。
「ネクタイによって全然違う。プリント生地は薄くて伸びやすい。真ん中をアーチ型にしたり色を変えたりと生活スタイルに合わせて作ってみてください。切り離したネクタイの先端で次回はお花を作りましょう」と中西さん。さすが、クロスリフォーム。無駄なものはひとつもない!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る