少年更正に音楽の力を

少年更正に音楽の力を

 千葉市と市原市で合唱団を創設、指揮をとる他、多岐にわたり音楽活動に貢献している市内在住の吉住忠義さん(71)。刑事施設内で悩み事相談にのったりする篤志面接委員会会長でもあり、少年更生施設『市原学園』で音楽指導と面接委員を務めて30年になる。
 同学園で、毎年7月末に地域の人を招待して行われる納涼祭。プログラムのひとつに、少年たちが練習した成果を発表する合唱がある。歌うのは合唱曲の他、EXILEの曲など。非行に走った彼らが、教官の指導の下、仲間と共に目標に向かって一生懸命に頑張る。吉住さんは「感激しますよ」と振り返る。収容期間は長くても6カ月程度であり、短い時間で集中して歌を覚えなくてはならない。だが、24時間、定められた規則遵守の中での生活は私語が制限されているので、思い切り声を出せるのは歌うときだけ。「ストレスを音楽で発散させてあげたい」と吉住さん。
 また、集団生活の一定のルールに基づく規律正しい生活に慣れた少年たちはとてもきちんとした挨拶をするという。吉住さんがいつも少年たちに話していることがある。「合唱は、人の声を聞いて、自分の声を合わせる。それは一般社会と同じ。人の意見を聞くことが大事なんだよ」と。
 市原市市制施行30周年記念行事として、吉住さんの呼び掛けで同学園の音楽クラブ員12人が、約300人の市民とともに市民会館のステージでベートーヴェンの『第九』を合唱したことがある。満場の聴衆から喝采を浴び、誇らしげに胸を張った少年たちのことは忘れられない。「発表の場に出してあげたい。外と同じ体験をさせてあげたい」楽しい時間が今後の人生の希望となることを信じて、いつかまた、近いうちに実現できることを吉住さんは願っている。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る