少年更正に音楽の力を

少年更正に音楽の力を

 千葉市と市原市で合唱団を創設、指揮をとる他、多岐にわたり音楽活動に貢献している市内在住の吉住忠義さん(71)。刑事施設内で悩み事相談にのったりする篤志面接委員会会長でもあり、少年更生施設『市原学園』で音楽指導と面接委員を務めて30年になる。
 同学園で、毎年7月末に地域の人を招待して行われる納涼祭。プログラムのひとつに、少年たちが練習した成果を発表する合唱がある。歌うのは合唱曲の他、EXILEの曲など。非行に走った彼らが、教官の指導の下、仲間と共に目標に向かって一生懸命に頑張る。吉住さんは「感激しますよ」と振り返る。収容期間は長くても6カ月程度であり、短い時間で集中して歌を覚えなくてはならない。だが、24時間、定められた規則遵守の中での生活は私語が制限されているので、思い切り声を出せるのは歌うときだけ。「ストレスを音楽で発散させてあげたい」と吉住さん。
 また、集団生活の一定のルールに基づく規律正しい生活に慣れた少年たちはとてもきちんとした挨拶をするという。吉住さんがいつも少年たちに話していることがある。「合唱は、人の声を聞いて、自分の声を合わせる。それは一般社会と同じ。人の意見を聞くことが大事なんだよ」と。
 市原市市制施行30周年記念行事として、吉住さんの呼び掛けで同学園の音楽クラブ員12人が、約300人の市民とともに市民会館のステージでベートーヴェンの『第九』を合唱したことがある。満場の聴衆から喝采を浴び、誇らしげに胸を張った少年たちのことは忘れられない。「発表の場に出してあげたい。外と同じ体験をさせてあげたい」楽しい時間が今後の人生の希望となることを信じて、いつかまた、近いうちに実現できることを吉住さんは願っている。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る