房総往来

房総往来
山里 吾郎

 今年の夏は記録的な暑さだった。猛暑、酷暑、炎暑…。いろいろ表現はされるが、年を追うごとに過酷さを加えていることに間違いはない。温暖化はすでに退っ引きならないところまできているのか、いつまでこの地球はもつのだろうか、不安は深刻の度合いを増すばかりだ▼前置きはさておき余りの暑さから何とか逃避したい、と避暑地の代名詞でもある軽井沢に出かけた。「房総往来」はまだ4回目だが、早くも県外紀行になることをまずはお許し願いたい。それほど今夏は暑かった▼朝5時の出発。息子の運転で京葉道から首都高、東京外環、関越道、上信越道を経由して午前10時過ぎには目的地の北軽井沢へ到着。昨日までの暑さが嘘のような涼気が全身を包み、緑の中に散在する白樺の木が一層の涼感を醸し出す▼早速、二人の孫を連れてキッズランドへ。散々、動き回る子供たちと懸命に興じるが不思議と汗をかかない。名物のニジマス釣りにも挑戦、釣果はともかく触れた水の冷たさに驚く。夕食のあと温泉に浸かり、長旅の疲れも手伝いすぐにベッドへ。昨日までの熱帯夜が嘘のような“寒さ”に思わず冷房のスイッチを切った▼気持ち良く目覚めた翌朝、しっとりと朝靄に包まれた自然林は雨に濡れている。この夏、全国的に多発した雷雨ではない。細かい雨のすだれ、山里を包み込む秋雨だ。このあとの信州紀行は省かせてもらうとして夜遅く市原に戻ると嘘のよう熱帯夜に逆戻り。「地球は大丈夫だろうか?」。避暑地の素晴らしさは皮肉なことに温暖化の不安を増幅させる結果に…。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る