房総往来

房総往来
山里 吾郎

 今年の夏は記録的な暑さだった。猛暑、酷暑、炎暑…。いろいろ表現はされるが、年を追うごとに過酷さを加えていることに間違いはない。温暖化はすでに退っ引きならないところまできているのか、いつまでこの地球はもつのだろうか、不安は深刻の度合いを増すばかりだ▼前置きはさておき余りの暑さから何とか逃避したい、と避暑地の代名詞でもある軽井沢に出かけた。「房総往来」はまだ4回目だが、早くも県外紀行になることをまずはお許し願いたい。それほど今夏は暑かった▼朝5時の出発。息子の運転で京葉道から首都高、東京外環、関越道、上信越道を経由して午前10時過ぎには目的地の北軽井沢へ到着。昨日までの暑さが嘘のような涼気が全身を包み、緑の中に散在する白樺の木が一層の涼感を醸し出す▼早速、二人の孫を連れてキッズランドへ。散々、動き回る子供たちと懸命に興じるが不思議と汗をかかない。名物のニジマス釣りにも挑戦、釣果はともかく触れた水の冷たさに驚く。夕食のあと温泉に浸かり、長旅の疲れも手伝いすぐにベッドへ。昨日までの熱帯夜が嘘のような“寒さ”に思わず冷房のスイッチを切った▼気持ち良く目覚めた翌朝、しっとりと朝靄に包まれた自然林は雨に濡れている。この夏、全国的に多発した雷雨ではない。細かい雨のすだれ、山里を包み込む秋雨だ。このあとの信州紀行は省かせてもらうとして夜遅く市原に戻ると嘘のよう熱帯夜に逆戻り。「地球は大丈夫だろうか?」。避暑地の素晴らしさは皮肉なことに温暖化の不安を増幅させる結果に…。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  ハーブの苗を買ったら、育て方やハーブの活用法まで教えてもらえたり、石に好きな絵を思いのままに描いたり……お得な買い物や、楽しい体験、あった…
  2.  毎年5月、繁殖のために東南アジア方面から、日本に渡って来るサンコウチョウをご存知だろうか? オスの明るい水色のアイリングと嘴が熱帯を感じさ…
  3.  首都圏ほかで相次ぐ自粛要請が行われている、新型コロナウイルスの予防。3月下旬から、急に感染者数が増えています。  ウイルスは人が人に移す…
  4.  先日、家の片づけをしていたら、我が子たちが小さかった頃の写真が出てきました。どこかへ旅行に行ったときの写真なのでしょう。上の子が小学生で、…
  5.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  6. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  7.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  8.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  ハーブの苗を買ったら、育て方やハーブの活用法まで教えてもらえたり、石に好きな絵を思いのままに描いたり……お得な買い物や、楽しい体験、あった…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る