みんなで子育て

みんなで子育て
「私の楽しい子育てのきっかけ」
細谷聖子

 また今年も市原市にてNobody,sPerfectProgram(略してNP)を開催できる事になりました。今年は10月22日から12月4日まで開催の予定です。このNPは0歳から就学前の子供をもつ親を対象に行います。これは、参加者がそれぞれ感じている子育てや家庭、日常での悩みや関心のあることをグループ内で出し合い、話し合いながら必要に応じて、テキスト、またはNPファシリテーターに手伝ってもらいながら、自分にあった子育ての方法を学ぶプログラムです。
 形態は、10人前後のグループで、1回2時間、週1回で6~10回連続で行うことを基本にしますが、NPの間は、子どもは別室託児となります。このNPファシリテーターとは、プログラムを準備・企画・実施をし、研修を受け、認定された人をそう呼びます。前回参加した親からは「目からうろこだった」「子育ての考え方が変わった」「自分の事が好きになれた」「パートナーとの関係がより良くなった」との声が出ています。
 私もNPに参加し、子育てだけではなく自分の生き方の考えが一転しました。子供が生まれてから、自分の環境ががらりと変わり、これでいいのかと自問しつつも、その答えを出す時間はありませんでした。しかし、NPに参加した事により考えるきっかけ、答えを出すきっかけができました。そして、何より子育ては自分ひとりで背負い込む事ではないという事に気がつきました。
 子育ては本当に大変です。でも、考え方ひとつで楽しいものになる!と言う感覚を同じく子育てをしている方に感じてもらいたいと言う思いで開催します。今回のNPでは、昨年NPに参加してくださったママさん達も託児スタッフとして協力してくれます。また、私の思いに賛同してくださり、ファシリテーターの資格を取ってくださったNさん、この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。このNPの案内チラシは各所に配布されていますし、詳しくは市原子育て応援団のブログでも紹介しておりますので、ぜひご覧下さい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る