みんなで子育て

みんなで子育て
「私の楽しい子育てのきっかけ」
細谷聖子

 また今年も市原市にてNobody,sPerfectProgram(略してNP)を開催できる事になりました。今年は10月22日から12月4日まで開催の予定です。このNPは0歳から就学前の子供をもつ親を対象に行います。これは、参加者がそれぞれ感じている子育てや家庭、日常での悩みや関心のあることをグループ内で出し合い、話し合いながら必要に応じて、テキスト、またはNPファシリテーターに手伝ってもらいながら、自分にあった子育ての方法を学ぶプログラムです。
 形態は、10人前後のグループで、1回2時間、週1回で6~10回連続で行うことを基本にしますが、NPの間は、子どもは別室託児となります。このNPファシリテーターとは、プログラムを準備・企画・実施をし、研修を受け、認定された人をそう呼びます。前回参加した親からは「目からうろこだった」「子育ての考え方が変わった」「自分の事が好きになれた」「パートナーとの関係がより良くなった」との声が出ています。
 私もNPに参加し、子育てだけではなく自分の生き方の考えが一転しました。子供が生まれてから、自分の環境ががらりと変わり、これでいいのかと自問しつつも、その答えを出す時間はありませんでした。しかし、NPに参加した事により考えるきっかけ、答えを出すきっかけができました。そして、何より子育ては自分ひとりで背負い込む事ではないという事に気がつきました。
 子育ては本当に大変です。でも、考え方ひとつで楽しいものになる!と言う感覚を同じく子育てをしている方に感じてもらいたいと言う思いで開催します。今回のNPでは、昨年NPに参加してくださったママさん達も託児スタッフとして協力してくれます。また、私の思いに賛同してくださり、ファシリテーターの資格を取ってくださったNさん、この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。このNPの案内チラシは各所に配布されていますし、詳しくは市原子育て応援団のブログでも紹介しておりますので、ぜひご覧下さい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る