第二の人生、中小企業支援に情熱をかける

第二の人生、中小企業支援に情熱をかける

大手企業退職者が長年、企業戦士として培った経営力や専門技術、ノウハウを活用して中小企業を支援しようと平成16年に千葉県庁商工労働部の支援を得て立ち上げた特定非営利活動法人NPOテクノサポート。現在は約60名の会員が関東甲信越地域で活動している。これまでに支援した企業は市内高根、松ケ島から全国にわたり延400社、活動実績は1400件にのぼる。
市内在住、理事長の松本武さんは「日本企業の99.7%を占める中小企業の活性化は日本の産業にとって必要不可欠。だが、実状は資金、人材等が不足しており厳しい状況にある。公的助成金をうまく使えるようにサポートしたり、時間をかけて丁寧にニーズに応えていきたい」と話す。
技術・製品開発、新規事業や機械の立ち上げ、販売力強化など支援内容は多岐にわたる。また、行政機関と恊働し中小企業支援のための施策立案に参画したり、大学等の研究機関の技術を中小企業が活用し、開発へと繋げられるよう両者のパイプ役を担ったりもしている。設立当初は企業から理解を得ることは難しかったという。10年経ってようやく実績が認められ経営革新等支援機関としての認定を受けることができた。本年度からは信頼関係のある企業の現場に入り、無料診断、生産効率を上げるための改善提案などホームドクター的な役割を担う事業を開始。更に、地球環境保全を推進するための国内規格であるエコステージ認証機関として活動し、中小企業が環境の観点から経営システムを確率するための手伝いも行っている。「信頼関係が築けた企業から賛助会員として資金的な援助が得られていることに大変感謝しています」また、「高齢化比率が高まるこれからの社会においてシニアの役割は大きいと考えます。リタイヤ後も15年ほどは充分働くことができる。
国際競争が厳しくなってきている今日、中小企業発展のために私達の経験を生かしたい。企業に喜んでいただき、社会で評価していただけると私達も充実感、達成感を味わうことができます。シニアが目的をもって生活することは心身の健康、さらには医療費低減へとつながっていきます。高齢者の質も高まれば高齢化問題も変わってくるはず」と松本さん。

問合せ NPOテクノサポート
http://www.npo-tsupport.org

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2016年2月から夷隅郡御宿町を拠点に活動する自主保育サークル『自然あそび・コロボックル』。現在、御宿町をはじめ勝浦市、いすみ市から1…
  2.  茂原市在住の町山哲太さん⑿は、昨年出場した『とびうお杯第33回全国少年少女水泳競技大会』の男子50mバタフライで優勝、男子200m個人…
  3. 俳画と文 松下佳紀 ある日どこから侵入したのか、机に一匹の蠅が飛んできた。本に止まった、と思うと私の頭に止まる。追い払っても舞い戻る。…
  4.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  5.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  6.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  7. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  8.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  9. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  10. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…

ピックアップ記事

  1.  2016年2月から夷隅郡御宿町を拠点に活動する自主保育サークル『自然あそび・コロボックル』。現在、御宿町をはじめ勝浦市、いすみ市から1…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る