第二の人生、中小企業支援に情熱をかける

第二の人生、中小企業支援に情熱をかける

大手企業退職者が長年、企業戦士として培った経営力や専門技術、ノウハウを活用して中小企業を支援しようと平成16年に千葉県庁商工労働部の支援を得て立ち上げた特定非営利活動法人NPOテクノサポート。現在は約60名の会員が関東甲信越地域で活動している。これまでに支援した企業は市内高根、松ケ島から全国にわたり延400社、活動実績は1400件にのぼる。
市内在住、理事長の松本武さんは「日本企業の99.7%を占める中小企業の活性化は日本の産業にとって必要不可欠。だが、実状は資金、人材等が不足しており厳しい状況にある。公的助成金をうまく使えるようにサポートしたり、時間をかけて丁寧にニーズに応えていきたい」と話す。
技術・製品開発、新規事業や機械の立ち上げ、販売力強化など支援内容は多岐にわたる。また、行政機関と恊働し中小企業支援のための施策立案に参画したり、大学等の研究機関の技術を中小企業が活用し、開発へと繋げられるよう両者のパイプ役を担ったりもしている。設立当初は企業から理解を得ることは難しかったという。10年経ってようやく実績が認められ経営革新等支援機関としての認定を受けることができた。本年度からは信頼関係のある企業の現場に入り、無料診断、生産効率を上げるための改善提案などホームドクター的な役割を担う事業を開始。更に、地球環境保全を推進するための国内規格であるエコステージ認証機関として活動し、中小企業が環境の観点から経営システムを確率するための手伝いも行っている。「信頼関係が築けた企業から賛助会員として資金的な援助が得られていることに大変感謝しています」また、「高齢化比率が高まるこれからの社会においてシニアの役割は大きいと考えます。リタイヤ後も15年ほどは充分働くことができる。
国際競争が厳しくなってきている今日、中小企業発展のために私達の経験を生かしたい。企業に喜んでいただき、社会で評価していただけると私達も充実感、達成感を味わうことができます。シニアが目的をもって生活することは心身の健康、さらには医療費低減へとつながっていきます。高齢者の質も高まれば高齢化問題も変わってくるはず」と松本さん。

問合せ NPOテクノサポート
http://www.npo-tsupport.org

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る