幽玄の美に触れる

中学生
幽玄の美に触れる

 日本の伝統芸能である能の体験授業を市原市謡曲連合会が八幡東中学校で行った。9月中旬、1年生58人が1日目は教室で映像などを使って歴史や形態を学び、2日目には武道場で実際に能を体験した。
 能は大きく言えば日本のミュージカルやオペラといえる。笛、小鼓、大鼓、太鼓を鳴らす囃子方が楽器演奏をし、独特の節回しの謡と語りで登場人物と合唱担当の地謡が物語を語る。多くの物語の登場人物は能面をつけ、美しい能装束でゆったりと舞う。無駄をそぎ落とした型によって演じられる舞台は幽玄の美とも称される。歴史は古く、1300年ほど前に中国から伝わった散楽がルーツだという。650年ほど前、将軍足利義満に見いだされた観阿弥、世阿弥親子によって高度な舞台芸術に育てられ、時代の趨勢を経て今日に伝わった。
 同会の鈴木靖さん(68)は「日本の伝統美が集約されている能は奥が深い。心の奥まで響く囃子、韻を踏んだ美しい言葉の謡と魅力は尽きない」と話す。能楽(能と狂言)は世界無形文化遺産である。
 武道場に集合した1年生を前に「君たちが特別に興味を持たない限り、能に触れることは一生なかったかもしれない。大切なことが学べる日」と話したのは学年主任の醍醐利幸さん(35)。
 はじめに生徒たちは同会会長の山崎重勝さん(74)の説明で会員12人による能を鑑賞した。披露されたのは結婚式などでも謡われる『高砂』の連吟、昔話『天女の羽衣』のもとになったという『羽衣』の仕舞、小鼓や大鼓などの囃子の実演。その後、3グループに分かれ、順番に謡、仕舞、小鼓の手ほどきを受けた。謡は発声法のコツを「お腹に力を込めて」と教わり、正座をして一斉に「高砂や」と低い声で唸った。「うまいですね」との講師の言葉に緊張気味だった生徒は少しリラックスした表情に。正座に不慣れな様子の男子も小鼓体験では音が出ると嬉しそうな笑顔をみせた。仕舞の構えは「膝を軽く曲げ、腕は大きなものを抱えるような形に」と教わると、中学生たちは袴姿の男性の所作をまね繰り返した。
「小鼓は握り方や打つところで音が変わり楽しかった」、「中腰で踊る舞はすごい」など感想を話した子どもたち。授業を終えた山崎さんは「素直な中学生ばかりで50分という少ない時間でも基本的なことは伝えられた」とほっとした様子。中学校の学区で横断歩道の旗振りもする鈴木さんによると今回の授業は「国際化社会になり、若い人は外国人と接する機会も多くなる。世界に誇れる日本文化を中学生に知ってほしいと学校に話し、実現した」という。
 市原市謡曲連合会は観世流、喜多流、宝生流とあり、それぞれ公民館などに教室がある。来年3月2日(日)、市民会館にて、年1度の3流派合同発表会を開く。今年7月には八幡駅の展示スペースで歴史、能装束や面などを紹介した。

問合せ 鈴木さん
TEL 090・9732・7791

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る