自然の中で本格サバゲーが楽しめる

自然の中で本格サバゲーが楽しめる
市原市初のフィールドオープン

大人たちが迷彩服に身を包み、茂みに身をひそめ、緻密な作戦のもと、エアガンを打ち合い相手を倒していく。それがサバイバルゲーム(以下サバゲー)だ。近年では、サバゲーを楽しむ専用フィールドも各地にでき、マニア急増中とか。そんな中、11月、市原市金剛寺に市原市初のサバゲーフィールド『ASHロックフィールド』がオープンした。
およそ5千坪の敷地内には、待機場所であるセーフティエリアと対戦をするフィールドがあり、更衣室、トイレも完備。高台のセーフティエリアからはフィールドを見下ろせ、絶好のロケーションだ。「ほぼ自然を生かしたままのフィールドも高低差あり、塹壕あり、奥には森林もあるのでマルチに戦えると思いますよ」と話すのは、オーナーの杉田英己さん。まだサバゲー歴1年という杉田さんだが、「やってみたら楽しかった」とサバゲーにハマり『ASHロックフィールド』を作ってしまった。
利用は基本、平日10人以上、土日祝日は25人以上の予約制だが、「12月21日からはウチがゲームメイクをした定例会を毎週日曜に開催していきます。定例会には、初心者でも、ひとりでも、グループでも参加でき、楽しんでもらえると思っています」と杉田さん。また、後は設置するだけという夜間照明も準備され、「夜戦も楽しめます。マニアは暗視ゴーグルとか持っていますから(笑)」と本格的にゲームが楽しめる。
服、エアガン、ゴーグルなどの装備はレンタルもあり、手ぶらで来てもOK。もちろん女性用の用意もある。「女の人は最初戸惑っていますけど、やってみるとハマる人が多いですよ」という。初心者でも、ゲームの前にルールはもちろん、エアガンの扱い方から隠れ方まで教えてくれるから安心だ。
取材で伺ったときゲームを楽しんでいたグループは、「大人が空気銃打ち合うなんて、本来やってはいけないこと。でもそれがルールのもと、堂々とできるのが楽しいですよ」と教えてくれた。また、コスプレ要素もあるそうで、みんなそれぞれ、アメリカ軍やゲームキャラなど好みの迷彩服やエアガンがあり、こだわりがあるという。大人だからこその趣味の世界だろう。
これはストレス解消にいいかも。

問合せ ASHロックフィールド
TEL 090・6169・4000
http://www.ash-rockfield.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る