自然の中で本格サバゲーが楽しめる

自然の中で本格サバゲーが楽しめる
市原市初のフィールドオープン

大人たちが迷彩服に身を包み、茂みに身をひそめ、緻密な作戦のもと、エアガンを打ち合い相手を倒していく。それがサバイバルゲーム(以下サバゲー)だ。近年では、サバゲーを楽しむ専用フィールドも各地にでき、マニア急増中とか。そんな中、11月、市原市金剛寺に市原市初のサバゲーフィールド『ASHロックフィールド』がオープンした。
およそ5千坪の敷地内には、待機場所であるセーフティエリアと対戦をするフィールドがあり、更衣室、トイレも完備。高台のセーフティエリアからはフィールドを見下ろせ、絶好のロケーションだ。「ほぼ自然を生かしたままのフィールドも高低差あり、塹壕あり、奥には森林もあるのでマルチに戦えると思いますよ」と話すのは、オーナーの杉田英己さん。まだサバゲー歴1年という杉田さんだが、「やってみたら楽しかった」とサバゲーにハマり『ASHロックフィールド』を作ってしまった。
利用は基本、平日10人以上、土日祝日は25人以上の予約制だが、「12月21日からはウチがゲームメイクをした定例会を毎週日曜に開催していきます。定例会には、初心者でも、ひとりでも、グループでも参加でき、楽しんでもらえると思っています」と杉田さん。また、後は設置するだけという夜間照明も準備され、「夜戦も楽しめます。マニアは暗視ゴーグルとか持っていますから(笑)」と本格的にゲームが楽しめる。
服、エアガン、ゴーグルなどの装備はレンタルもあり、手ぶらで来てもOK。もちろん女性用の用意もある。「女の人は最初戸惑っていますけど、やってみるとハマる人が多いですよ」という。初心者でも、ゲームの前にルールはもちろん、エアガンの扱い方から隠れ方まで教えてくれるから安心だ。
取材で伺ったときゲームを楽しんでいたグループは、「大人が空気銃打ち合うなんて、本来やってはいけないこと。でもそれがルールのもと、堂々とできるのが楽しいですよ」と教えてくれた。また、コスプレ要素もあるそうで、みんなそれぞれ、アメリカ軍やゲームキャラなど好みの迷彩服やエアガンがあり、こだわりがあるという。大人だからこその趣味の世界だろう。
これはストレス解消にいいかも。

問合せ ASHロックフィールド
TEL 090・6169・4000
http://www.ash-rockfield.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る