自然の中で本格サバゲーが楽しめる

自然の中で本格サバゲーが楽しめる
市原市初のフィールドオープン

大人たちが迷彩服に身を包み、茂みに身をひそめ、緻密な作戦のもと、エアガンを打ち合い相手を倒していく。それがサバイバルゲーム(以下サバゲー)だ。近年では、サバゲーを楽しむ専用フィールドも各地にでき、マニア急増中とか。そんな中、11月、市原市金剛寺に市原市初のサバゲーフィールド『ASHロックフィールド』がオープンした。
およそ5千坪の敷地内には、待機場所であるセーフティエリアと対戦をするフィールドがあり、更衣室、トイレも完備。高台のセーフティエリアからはフィールドを見下ろせ、絶好のロケーションだ。「ほぼ自然を生かしたままのフィールドも高低差あり、塹壕あり、奥には森林もあるのでマルチに戦えると思いますよ」と話すのは、オーナーの杉田英己さん。まだサバゲー歴1年という杉田さんだが、「やってみたら楽しかった」とサバゲーにハマり『ASHロックフィールド』を作ってしまった。
利用は基本、平日10人以上、土日祝日は25人以上の予約制だが、「12月21日からはウチがゲームメイクをした定例会を毎週日曜に開催していきます。定例会には、初心者でも、ひとりでも、グループでも参加でき、楽しんでもらえると思っています」と杉田さん。また、後は設置するだけという夜間照明も準備され、「夜戦も楽しめます。マニアは暗視ゴーグルとか持っていますから(笑)」と本格的にゲームが楽しめる。
服、エアガン、ゴーグルなどの装備はレンタルもあり、手ぶらで来てもOK。もちろん女性用の用意もある。「女の人は最初戸惑っていますけど、やってみるとハマる人が多いですよ」という。初心者でも、ゲームの前にルールはもちろん、エアガンの扱い方から隠れ方まで教えてくれるから安心だ。
取材で伺ったときゲームを楽しんでいたグループは、「大人が空気銃打ち合うなんて、本来やってはいけないこと。でもそれがルールのもと、堂々とできるのが楽しいですよ」と教えてくれた。また、コスプレ要素もあるそうで、みんなそれぞれ、アメリカ軍やゲームキャラなど好みの迷彩服やエアガンがあり、こだわりがあるという。大人だからこその趣味の世界だろう。
これはストレス解消にいいかも。

問合せ ASHロックフィールド
TEL 090・6169・4000
http://www.ash-rockfield.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る