『いつかにがみがおいしくなるかな』

『いつかにがみがおいしくなるかな』
全国作文コンクール 優秀賞受賞

 市原市立ちはら台桜小学校3年生の鶴岡杏さんが素朴な疑問について素直な気持ちを綴った作文が読売新聞社主催『第63回全国小・中学校作文コンクール』で優秀賞を受賞した。鶴岡さんは、受賞について「えっ、うそでしょ?と思いました」と嬉しそうに話した。
 今年の夏休み、一番印象に残った出来事は瀬又に住む祖母が作るゴーヤの苦い味だった。「口がまがりそうだった」と文中で表現している。やがて、祖母がゴーヤを作り始めた理由がその栄養効果にあったと知る。総合学習『やさいのひみつを知ろう』の授業でサツマイモの栄養について調べたことがあり、野菜の栄養価についてはちょっとした知識があった。血圧の高い祖父のためにゴーヤを作ったという祖母の優しい気持ちを聞いて、鶴岡さんも父に長生きしてもらうためゴーヤ料理を作ることに。パソコンで作り方を調べて一生懸命に作ったゴーヤチャンプルー。「お父さんは笑いながら、おいしいよと言ってくれた」が、自分が食べると「にがっ」という思いは変わらなかったそうだ。「なぜ大人は、ふつうの顔をしてゴーヤを食べられるのだろう」不思議に思う気持ちが作文によく表れている。「いつかこの苦みがおいしく感じて好きになれるといいな」との思いから給食のゴーヤチップを口にするなどの挑戦をし、毎夏祖母からゴーヤをもらって食べてみることに決めたそうだ。
 思いついたことを次々とメモに書きとめてからそれらを順に並べ、文章を組み立てたという。生き生きとした文章からは、どこの家庭にでもあるような日常の幸福感が伝わってくる。読書が好きだという鶴岡さん。お気に入りの本は?と尋ねると「『リリアーネ』という、動物と話せる少女の物語のシリーズです」とはにかみながらも目を輝かせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る