『いつかにがみがおいしくなるかな』

『いつかにがみがおいしくなるかな』
全国作文コンクール 優秀賞受賞

 市原市立ちはら台桜小学校3年生の鶴岡杏さんが素朴な疑問について素直な気持ちを綴った作文が読売新聞社主催『第63回全国小・中学校作文コンクール』で優秀賞を受賞した。鶴岡さんは、受賞について「えっ、うそでしょ?と思いました」と嬉しそうに話した。
 今年の夏休み、一番印象に残った出来事は瀬又に住む祖母が作るゴーヤの苦い味だった。「口がまがりそうだった」と文中で表現している。やがて、祖母がゴーヤを作り始めた理由がその栄養効果にあったと知る。総合学習『やさいのひみつを知ろう』の授業でサツマイモの栄養について調べたことがあり、野菜の栄養価についてはちょっとした知識があった。血圧の高い祖父のためにゴーヤを作ったという祖母の優しい気持ちを聞いて、鶴岡さんも父に長生きしてもらうためゴーヤ料理を作ることに。パソコンで作り方を調べて一生懸命に作ったゴーヤチャンプルー。「お父さんは笑いながら、おいしいよと言ってくれた」が、自分が食べると「にがっ」という思いは変わらなかったそうだ。「なぜ大人は、ふつうの顔をしてゴーヤを食べられるのだろう」不思議に思う気持ちが作文によく表れている。「いつかこの苦みがおいしく感じて好きになれるといいな」との思いから給食のゴーヤチップを口にするなどの挑戦をし、毎夏祖母からゴーヤをもらって食べてみることに決めたそうだ。
 思いついたことを次々とメモに書きとめてからそれらを順に並べ、文章を組み立てたという。生き生きとした文章からは、どこの家庭にでもあるような日常の幸福感が伝わってくる。読書が好きだという鶴岡さん。お気に入りの本は?と尋ねると「『リリアーネ』という、動物と話せる少女の物語のシリーズです」とはにかみながらも目を輝かせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る