『いつかにがみがおいしくなるかな』

『いつかにがみがおいしくなるかな』
全国作文コンクール 優秀賞受賞

 市原市立ちはら台桜小学校3年生の鶴岡杏さんが素朴な疑問について素直な気持ちを綴った作文が読売新聞社主催『第63回全国小・中学校作文コンクール』で優秀賞を受賞した。鶴岡さんは、受賞について「えっ、うそでしょ?と思いました」と嬉しそうに話した。
 今年の夏休み、一番印象に残った出来事は瀬又に住む祖母が作るゴーヤの苦い味だった。「口がまがりそうだった」と文中で表現している。やがて、祖母がゴーヤを作り始めた理由がその栄養効果にあったと知る。総合学習『やさいのひみつを知ろう』の授業でサツマイモの栄養について調べたことがあり、野菜の栄養価についてはちょっとした知識があった。血圧の高い祖父のためにゴーヤを作ったという祖母の優しい気持ちを聞いて、鶴岡さんも父に長生きしてもらうためゴーヤ料理を作ることに。パソコンで作り方を調べて一生懸命に作ったゴーヤチャンプルー。「お父さんは笑いながら、おいしいよと言ってくれた」が、自分が食べると「にがっ」という思いは変わらなかったそうだ。「なぜ大人は、ふつうの顔をしてゴーヤを食べられるのだろう」不思議に思う気持ちが作文によく表れている。「いつかこの苦みがおいしく感じて好きになれるといいな」との思いから給食のゴーヤチップを口にするなどの挑戦をし、毎夏祖母からゴーヤをもらって食べてみることに決めたそうだ。
 思いついたことを次々とメモに書きとめてからそれらを順に並べ、文章を組み立てたという。生き生きとした文章からは、どこの家庭にでもあるような日常の幸福感が伝わってくる。読書が好きだという鶴岡さん。お気に入りの本は?と尋ねると「『リリアーネ』という、動物と話せる少女の物語のシリーズです」とはにかみながらも目を輝かせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る