『いつかにがみがおいしくなるかな』

『いつかにがみがおいしくなるかな』
全国作文コンクール 優秀賞受賞

 市原市立ちはら台桜小学校3年生の鶴岡杏さんが素朴な疑問について素直な気持ちを綴った作文が読売新聞社主催『第63回全国小・中学校作文コンクール』で優秀賞を受賞した。鶴岡さんは、受賞について「えっ、うそでしょ?と思いました」と嬉しそうに話した。
 今年の夏休み、一番印象に残った出来事は瀬又に住む祖母が作るゴーヤの苦い味だった。「口がまがりそうだった」と文中で表現している。やがて、祖母がゴーヤを作り始めた理由がその栄養効果にあったと知る。総合学習『やさいのひみつを知ろう』の授業でサツマイモの栄養について調べたことがあり、野菜の栄養価についてはちょっとした知識があった。血圧の高い祖父のためにゴーヤを作ったという祖母の優しい気持ちを聞いて、鶴岡さんも父に長生きしてもらうためゴーヤ料理を作ることに。パソコンで作り方を調べて一生懸命に作ったゴーヤチャンプルー。「お父さんは笑いながら、おいしいよと言ってくれた」が、自分が食べると「にがっ」という思いは変わらなかったそうだ。「なぜ大人は、ふつうの顔をしてゴーヤを食べられるのだろう」不思議に思う気持ちが作文によく表れている。「いつかこの苦みがおいしく感じて好きになれるといいな」との思いから給食のゴーヤチップを口にするなどの挑戦をし、毎夏祖母からゴーヤをもらって食べてみることに決めたそうだ。
 思いついたことを次々とメモに書きとめてからそれらを順に並べ、文章を組み立てたという。生き生きとした文章からは、どこの家庭にでもあるような日常の幸福感が伝わってくる。読書が好きだという鶴岡さん。お気に入りの本は?と尋ねると「『リリアーネ』という、動物と話せる少女の物語のシリーズです」とはにかみながらも目を輝かせた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る