新しい年、明ける

新しい年、明ける
遠山あき

仲良しの早苗さんから新しい年のカレンダーが送られて来ました。手作りで手描きの絵もついています。めくれば、どのページも胸を打たれる言葉ばかりでした。
九十六歳になる私の少し皺がよって堅くなり、動きの鈍くなった心臓がその時、大きくドキンとしました。
「探せば 出る出る
不満のたね
なくても有る有る
幸せのたね
探そう 探そう
心のたねを!」
そうなのです! 人間って我が侭ですね、不満の種は次々にでてくるのです。探さなくても、出るわ出るわ、不満!不満。不満に食われてしまいそうなほど……。でも、幸せの種は無かったのかしら? 私の中に。ウロウロ探してみる。やっぱり無いのかしら?
 アッ! こんなすみっこのところに隠れてた! 小さいけれど、ポロリ、あったかいわ! 拾ってみた。アレ?その下にも転がっていた! ちゃんと有ったのよ、幸せの種は。探してみなかっただけなのでした。有りましたよ、有りました! 大きいのも、小さいのも、コロコロッと。
九十六年もの間、私の心の眼は、その時どこを見ていたのかしら。不満に目がくらんで、見えなくなっていたのに違いなかったのです。長い長い時間の中で、私の目は時々焦点を失っていたのかもしれません。見えなかった幸せの種をしっかりと握りしめました。早苗さんに感謝です。ありがとう!
「種があれば 咲かない花も きっと咲く
芽が出て 葉が出て きっと咲く」
そうよね、それが自然の摂理です。
皆さん! 今年もよい年でありますように……。
☆大正6年(1917)、大多喜町生まれ。昭和11年、千葉県立女子師範学校卒、教員となる。昭和14年、結婚、千葉市に住む。昭和19年、戦災のため夫の郷里の市原へ。その後、農業に従事。昭和42年、農民文学会に入会、執筆活動に入る。小説『鶯谷』で農民文学賞受賞。平成6年、保護司の活動の実績が認められ藍綬褒章受賞。文学同人『槇の会』主宰。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る