新聞で作る華やかコサージュ

新聞で作る華やかコサージュ

 昨年12月、五井公民館主催『新聞紙でお花コサージュを作る』が開催され25名が参加した。普段読み終えて捨ててしまう新聞紙のカラー広告を使い花のコサージュを作る。材料は新聞紙、ボンド(のり)、ブローチピン、竹串など。講師の小倉政江さん(消費生活研究会会員)から「まずは色合を考えて使う新聞1枚を決めて下さい」との説明後に花芯作りから始まった。
 幅3センチ×長さ30センチに切られた紙を1.5センチ幅に折ってのりで貼る。折り目側から1センチくらいの深さまで、はさみで細かく切りこみを入れ、あとは手で円柱状に巻き、終端をボンドで固定する。
 花びらはサイズが違う4枚の長方形の新聞紙を半分に折り、ボンドで貼り付け正方形にする。説明された手順で一つずつ折っていき5弁の花びら型になるように切る。花びらが出来たら先端を丸く切り、表面を外側にして竹串や編み棒等で巻いて縮めシワを作る。花びらのシワのつけ方で印象が変わるという。 
 次に大きいサイズの花びらの中央にボンドをつけ、交互に花びらを貼り重ねていく。「中心を押しこむと立体感がでます」と小倉さん。続いて花芯をボンドで貼りつけ、花全体を整える。最後に花びらの裏側にピンを付けた台紙をしっかりとボンドで貼り、マニュキュアとつやだしスプレーをかけて完成。参加者たちは「きれいにできた」と色鮮やかなコサージュを手に会話も弾んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る