新聞で作る華やかコサージュ

新聞で作る華やかコサージュ

 昨年12月、五井公民館主催『新聞紙でお花コサージュを作る』が開催され25名が参加した。普段読み終えて捨ててしまう新聞紙のカラー広告を使い花のコサージュを作る。材料は新聞紙、ボンド(のり)、ブローチピン、竹串など。講師の小倉政江さん(消費生活研究会会員)から「まずは色合を考えて使う新聞1枚を決めて下さい」との説明後に花芯作りから始まった。
 幅3センチ×長さ30センチに切られた紙を1.5センチ幅に折ってのりで貼る。折り目側から1センチくらいの深さまで、はさみで細かく切りこみを入れ、あとは手で円柱状に巻き、終端をボンドで固定する。
 花びらはサイズが違う4枚の長方形の新聞紙を半分に折り、ボンドで貼り付け正方形にする。説明された手順で一つずつ折っていき5弁の花びら型になるように切る。花びらが出来たら先端を丸く切り、表面を外側にして竹串や編み棒等で巻いて縮めシワを作る。花びらのシワのつけ方で印象が変わるという。 
 次に大きいサイズの花びらの中央にボンドをつけ、交互に花びらを貼り重ねていく。「中心を押しこむと立体感がでます」と小倉さん。続いて花芯をボンドで貼りつけ、花全体を整える。最後に花びらの裏側にピンを付けた台紙をしっかりとボンドで貼り、マニュキュアとつやだしスプレーをかけて完成。参加者たちは「きれいにできた」と色鮮やかなコサージュを手に会話も弾んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る