新聞で作る華やかコサージュ

新聞で作る華やかコサージュ

 昨年12月、五井公民館主催『新聞紙でお花コサージュを作る』が開催され25名が参加した。普段読み終えて捨ててしまう新聞紙のカラー広告を使い花のコサージュを作る。材料は新聞紙、ボンド(のり)、ブローチピン、竹串など。講師の小倉政江さん(消費生活研究会会員)から「まずは色合を考えて使う新聞1枚を決めて下さい」との説明後に花芯作りから始まった。
 幅3センチ×長さ30センチに切られた紙を1.5センチ幅に折ってのりで貼る。折り目側から1センチくらいの深さまで、はさみで細かく切りこみを入れ、あとは手で円柱状に巻き、終端をボンドで固定する。
 花びらはサイズが違う4枚の長方形の新聞紙を半分に折り、ボンドで貼り付け正方形にする。説明された手順で一つずつ折っていき5弁の花びら型になるように切る。花びらが出来たら先端を丸く切り、表面を外側にして竹串や編み棒等で巻いて縮めシワを作る。花びらのシワのつけ方で印象が変わるという。 
 次に大きいサイズの花びらの中央にボンドをつけ、交互に花びらを貼り重ねていく。「中心を押しこむと立体感がでます」と小倉さん。続いて花芯をボンドで貼りつけ、花全体を整える。最後に花びらの裏側にピンを付けた台紙をしっかりとボンドで貼り、マニュキュアとつやだしスプレーをかけて完成。参加者たちは「きれいにできた」と色鮮やかなコサージュを手に会話も弾んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る