新聞で作る華やかコサージュ

新聞で作る華やかコサージュ

 昨年12月、五井公民館主催『新聞紙でお花コサージュを作る』が開催され25名が参加した。普段読み終えて捨ててしまう新聞紙のカラー広告を使い花のコサージュを作る。材料は新聞紙、ボンド(のり)、ブローチピン、竹串など。講師の小倉政江さん(消費生活研究会会員)から「まずは色合を考えて使う新聞1枚を決めて下さい」との説明後に花芯作りから始まった。
 幅3センチ×長さ30センチに切られた紙を1.5センチ幅に折ってのりで貼る。折り目側から1センチくらいの深さまで、はさみで細かく切りこみを入れ、あとは手で円柱状に巻き、終端をボンドで固定する。
 花びらはサイズが違う4枚の長方形の新聞紙を半分に折り、ボンドで貼り付け正方形にする。説明された手順で一つずつ折っていき5弁の花びら型になるように切る。花びらが出来たら先端を丸く切り、表面を外側にして竹串や編み棒等で巻いて縮めシワを作る。花びらのシワのつけ方で印象が変わるという。 
 次に大きいサイズの花びらの中央にボンドをつけ、交互に花びらを貼り重ねていく。「中心を押しこむと立体感がでます」と小倉さん。続いて花芯をボンドで貼りつけ、花全体を整える。最後に花びらの裏側にピンを付けた台紙をしっかりとボンドで貼り、マニュキュアとつやだしスプレーをかけて完成。参加者たちは「きれいにできた」と色鮮やかなコサージュを手に会話も弾んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る