書の甲子園で大賞! 篆刻の世界に浸る

 県立市原八幡高校3年の仁平綾香さんが、『第22回国際高校選抜書展』で大賞を受賞した。身長ほどもあろう全紙に押された印は21個。数センチ四方の印材に、印刀で文字を刻む篆刻を始めたのは高校生になってから。
「習字は小3から始めて、中3の頃に一度書道を辞めようとしたこともあった。高校に入って書道部に入り篆刻を知った。書道を表す形が1つでないことを知って興味が湧いた。篆刻は筆と違って、彫り終わった時の達成感がある。今回は受験と平行して作品を仕上げたので、大賞という結果に驚いた」と綾香さん。応募点数は約17000もあり、同校での大賞受賞者は初。
 石印材は固く、字を彫るまでのヤスリをかけて朱墨を塗る布字という作業はとても根気が必要だ。顧問の澤本華世子教諭は、「高校生で篆刻をここまでやり遂げられる生徒はいない。印刀の扱い方は難しく、彫り進めながら2人で文字を鏡に写して確認したりした。卒業後は看護関係へ進むので時間もなく大変だろうが続けてもらいたい」と話す。
「大変なほうがやりがいもある」と明るく語る綾香さんの今作品は、中国・清の時代に独自の篆刻を確立した呉昌碩の作品を模刻したもの。「一番小さいのは1.5センチくらい、大きいと5センチ四方。中に文字を彫る白文より、文字を彫り残す朱文の方が好き。初めは難しかったし、今でも文字を鏡のように写すのは慣れないけれど、没頭できるところが魅力」と作品を前に笑顔を見せた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る