書の甲子園で大賞! 篆刻の世界に浸る

 県立市原八幡高校3年の仁平綾香さんが、『第22回国際高校選抜書展』で大賞を受賞した。身長ほどもあろう全紙に押された印は21個。数センチ四方の印材に、印刀で文字を刻む篆刻を始めたのは高校生になってから。
「習字は小3から始めて、中3の頃に一度書道を辞めようとしたこともあった。高校に入って書道部に入り篆刻を知った。書道を表す形が1つでないことを知って興味が湧いた。篆刻は筆と違って、彫り終わった時の達成感がある。今回は受験と平行して作品を仕上げたので、大賞という結果に驚いた」と綾香さん。応募点数は約17000もあり、同校での大賞受賞者は初。
 石印材は固く、字を彫るまでのヤスリをかけて朱墨を塗る布字という作業はとても根気が必要だ。顧問の澤本華世子教諭は、「高校生で篆刻をここまでやり遂げられる生徒はいない。印刀の扱い方は難しく、彫り進めながら2人で文字を鏡に写して確認したりした。卒業後は看護関係へ進むので時間もなく大変だろうが続けてもらいたい」と話す。
「大変なほうがやりがいもある」と明るく語る綾香さんの今作品は、中国・清の時代に独自の篆刻を確立した呉昌碩の作品を模刻したもの。「一番小さいのは1.5センチくらい、大きいと5センチ四方。中に文字を彫る白文より、文字を彫り残す朱文の方が好き。初めは難しかったし、今でも文字を鏡のように写すのは慣れないけれど、没頭できるところが魅力」と作品を前に笑顔を見せた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る