書の甲子園で大賞! 篆刻の世界に浸る

 県立市原八幡高校3年の仁平綾香さんが、『第22回国際高校選抜書展』で大賞を受賞した。身長ほどもあろう全紙に押された印は21個。数センチ四方の印材に、印刀で文字を刻む篆刻を始めたのは高校生になってから。
「習字は小3から始めて、中3の頃に一度書道を辞めようとしたこともあった。高校に入って書道部に入り篆刻を知った。書道を表す形が1つでないことを知って興味が湧いた。篆刻は筆と違って、彫り終わった時の達成感がある。今回は受験と平行して作品を仕上げたので、大賞という結果に驚いた」と綾香さん。応募点数は約17000もあり、同校での大賞受賞者は初。
 石印材は固く、字を彫るまでのヤスリをかけて朱墨を塗る布字という作業はとても根気が必要だ。顧問の澤本華世子教諭は、「高校生で篆刻をここまでやり遂げられる生徒はいない。印刀の扱い方は難しく、彫り進めながら2人で文字を鏡に写して確認したりした。卒業後は看護関係へ進むので時間もなく大変だろうが続けてもらいたい」と話す。
「大変なほうがやりがいもある」と明るく語る綾香さんの今作品は、中国・清の時代に独自の篆刻を確立した呉昌碩の作品を模刻したもの。「一番小さいのは1.5センチくらい、大きいと5センチ四方。中に文字を彫る白文より、文字を彫り残す朱文の方が好き。初めは難しかったし、今でも文字を鏡のように写すのは慣れないけれど、没頭できるところが魅力」と作品を前に笑顔を見せた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る