パティシエへの第一歩?失敗なしのマドレーヌ作り

 1月26日(日)、国分寺公民館主催で『小さなパティシエ おしゃれな贈り物』が開催された。集まった子ども達は小1から中3まで20名。作製するお菓子はショコラマドレーヌとショコラムース。
 講師はパティシエの魚路真久さん、「幅広い年齢が集まったので初心者でも失敗しないお菓子を選択した。各テーブル、年齢がばらばらなので協力して作りましょう」との声でスタート。
pa02 ショコラマドレーヌの作り方は以下。まず小麦粉160g、砂糖200g、ココア40g、バター200g、ベーキングパウダー4gを量っておく。次に、小麦粉とココア、ベーキングパウダーを一緒にふるいにかける。そこへ砂糖と卵3個を加えて混ぜ合わせる。最後に溶かしておいたバターを流し込んで混ぜ、焼き型へ。160度のオーブンで20~25分焼いて完成。
 小学校中学年の女の子達4名と同じテーブルになった小6のお姉さんは、初めこそ最年長という役に戸惑いを見せていたが、「あと小麦粉10gいるよ」など年下の子の可愛い声を受け、次第に「混ぜている間にボウルを洗ってね」、「チョコレートを絞りで入れるのは交代だよ」など的確な指示を出せるように。部屋に満ちる甘い匂いに、各テーブルからは感嘆の声。魚路さんも、「これを機にもっとお菓子作りに興味を持ってもらいたい」と満足そうだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る