みんなで子育て

「今、出口が見えないと感じているあなたへ」
谷口真紀

 初めての出産、初めての育児。初めてのことだらけで、大変なのか、こういうものなのかも分からない。日々目の前のことをこなすのに精いっぱいで、明日のことを考えることもなく、不器用に、一生懸命、子どもの世話に、家事に、こまごまとした雑務。不安だらけなんだけど、みんなやってることだから、私もがんばらなきゃと抱え込んでしまう。
 一人では抱えきれないと思ったら、SOSを発してもいいんだということに、私は後になって気づきました。安易に他人に助けを求めることは、やってはいけないことだと思っていました。ですが初めての子育てでどうすればよいのか途方に暮れていた時、恥ずかしいと思いながらもSOSを発し、たまたまそのサインをキャッチし、行動してくれる方に出会えました。その方と一緒に子どもを育てることで、ようやく「市原市」という地域に溶け込んでいくことができました。この方がいなかったらどうなっていたんだろう?と思います。ですが現実には、一人で抱え込んでしまったりSOSをキャッチされず、「産後うつ」という状態になってしまう方も少なくありません。
「市原子育て応援団」は、そんな親のSOSから生まれました。情報が無いために困ったので、情報誌を作りたい。24時間子どもと一緒で息が詰まりそう、リフレッシュできる場所が欲しい、などの小さなSOSに見えるけど、当人にとっては大きなSOS。一人ひとりの親が、それぞれのSOSを持っています。1つのサインの背後には、同じ悩みを抱えている方がたくさんいます。立場が異なるとなぜ困っているのか、何が必要なのかも分からないのです。私自身、そんなに昔のことではないのに、赤ちゃんがいたあの頃の「感覚」を忘れてしまっています。今困っているパパさんママさん、ぜひ、あなたの思いをまず周囲の方に伝えてみてください。すぐに解決することはできないかもしれませんが、地域で子育てをする環境を作り上げていくためにも、今、何を必要としているのか、教えてほしいと思います。

【谷口真紀のプロフィール 】
キャリアカウンセラー、3児の母。「常に走っている人」と言われています。仕事、母親、ボランティア、たくさんのことに手を出してしまいますが、緻密な作業が苦手です。大事にしていることは「家族」と「笑顔」。2014年の抱負は「立ち止まってみる」。できるかなぁ?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る