みんなで子育て

「今、出口が見えないと感じているあなたへ」
谷口真紀

 初めての出産、初めての育児。初めてのことだらけで、大変なのか、こういうものなのかも分からない。日々目の前のことをこなすのに精いっぱいで、明日のことを考えることもなく、不器用に、一生懸命、子どもの世話に、家事に、こまごまとした雑務。不安だらけなんだけど、みんなやってることだから、私もがんばらなきゃと抱え込んでしまう。
 一人では抱えきれないと思ったら、SOSを発してもいいんだということに、私は後になって気づきました。安易に他人に助けを求めることは、やってはいけないことだと思っていました。ですが初めての子育てでどうすればよいのか途方に暮れていた時、恥ずかしいと思いながらもSOSを発し、たまたまそのサインをキャッチし、行動してくれる方に出会えました。その方と一緒に子どもを育てることで、ようやく「市原市」という地域に溶け込んでいくことができました。この方がいなかったらどうなっていたんだろう?と思います。ですが現実には、一人で抱え込んでしまったりSOSをキャッチされず、「産後うつ」という状態になってしまう方も少なくありません。
「市原子育て応援団」は、そんな親のSOSから生まれました。情報が無いために困ったので、情報誌を作りたい。24時間子どもと一緒で息が詰まりそう、リフレッシュできる場所が欲しい、などの小さなSOSに見えるけど、当人にとっては大きなSOS。一人ひとりの親が、それぞれのSOSを持っています。1つのサインの背後には、同じ悩みを抱えている方がたくさんいます。立場が異なるとなぜ困っているのか、何が必要なのかも分からないのです。私自身、そんなに昔のことではないのに、赤ちゃんがいたあの頃の「感覚」を忘れてしまっています。今困っているパパさんママさん、ぜひ、あなたの思いをまず周囲の方に伝えてみてください。すぐに解決することはできないかもしれませんが、地域で子育てをする環境を作り上げていくためにも、今、何を必要としているのか、教えてほしいと思います。

【谷口真紀のプロフィール 】
キャリアカウンセラー、3児の母。「常に走っている人」と言われています。仕事、母親、ボランティア、たくさんのことに手を出してしまいますが、緻密な作業が苦手です。大事にしていることは「家族」と「笑顔」。2014年の抱負は「立ち止まってみる」。できるかなぁ?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る