みんなで子育て

「今、出口が見えないと感じているあなたへ」
谷口真紀

 初めての出産、初めての育児。初めてのことだらけで、大変なのか、こういうものなのかも分からない。日々目の前のことをこなすのに精いっぱいで、明日のことを考えることもなく、不器用に、一生懸命、子どもの世話に、家事に、こまごまとした雑務。不安だらけなんだけど、みんなやってることだから、私もがんばらなきゃと抱え込んでしまう。
 一人では抱えきれないと思ったら、SOSを発してもいいんだということに、私は後になって気づきました。安易に他人に助けを求めることは、やってはいけないことだと思っていました。ですが初めての子育てでどうすればよいのか途方に暮れていた時、恥ずかしいと思いながらもSOSを発し、たまたまそのサインをキャッチし、行動してくれる方に出会えました。その方と一緒に子どもを育てることで、ようやく「市原市」という地域に溶け込んでいくことができました。この方がいなかったらどうなっていたんだろう?と思います。ですが現実には、一人で抱え込んでしまったりSOSをキャッチされず、「産後うつ」という状態になってしまう方も少なくありません。
「市原子育て応援団」は、そんな親のSOSから生まれました。情報が無いために困ったので、情報誌を作りたい。24時間子どもと一緒で息が詰まりそう、リフレッシュできる場所が欲しい、などの小さなSOSに見えるけど、当人にとっては大きなSOS。一人ひとりの親が、それぞれのSOSを持っています。1つのサインの背後には、同じ悩みを抱えている方がたくさんいます。立場が異なるとなぜ困っているのか、何が必要なのかも分からないのです。私自身、そんなに昔のことではないのに、赤ちゃんがいたあの頃の「感覚」を忘れてしまっています。今困っているパパさんママさん、ぜひ、あなたの思いをまず周囲の方に伝えてみてください。すぐに解決することはできないかもしれませんが、地域で子育てをする環境を作り上げていくためにも、今、何を必要としているのか、教えてほしいと思います。

【谷口真紀のプロフィール 】
キャリアカウンセラー、3児の母。「常に走っている人」と言われています。仕事、母親、ボランティア、たくさんのことに手を出してしまいますが、緻密な作業が苦手です。大事にしていることは「家族」と「笑顔」。2014年の抱負は「立ち止まってみる」。できるかなぁ?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る