市原ポニーベースボールクラブ

球児インタビュー vol.36

淺野悠太朗(ライト)
千葉市立誉田中学校1年

「小1の時、高校野球を見て、甲子園に出たいと思い野球を始めた。ポニーは有名だったので入りたいと思った。入ってから全力で走るようになり体力がついたし、声を出すことが習慣づけられた。学校では体力づくりにと陸上部に入り、自主トレはポニーのメニュー以外に腕力つけるため、重しをつけたバケツを上げ下げしている。好きなチームは巨人。チームの応援の雰囲気がいい。選手はイチロー。すごく打つし守備も徹底しているから。趣味は読書。村上春樹が好き。将来は作家になりたい。好きなタレントはマツコデラックス」(談)

 ポニーベースボールクラブは、日本ポニーベースボール協会関東連盟に所属する市原市および周辺地域の中学生によって構成される硬式野球クラブ。ポニーでは、選手全員が試合の経験ができるように、1クラブ1チーム制でなく、選手の人数に合わせた1クラブ複数チーム制を取り入れています。練習日は毎週土・日曜、祝日の8時から17時まで(季節変動あり)八幡グランド他で行い、雨天の場合も基本休みなしで、近隣企業や市内の体育館等で活動しています。高校での野球を考え、早く硬式に慣れたい、基礎からしっかり学びたい、試合経験を積みたい、体験に来て楽しかった、入団している先輩に勧められて等々、入団理由は様々。まずはお気軽に、問い合わせを。

お問い合せ:事務局・那須さん
TEL:080・1248・0816

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る