いちはら珍百景? 玄関を入るとクライミングウォールがある家

 高滝湖畔に建つ、ウッドデッキが広く洒落た外観の新築戸建て。この家には『第二の人生』を謳歌しようと退職を機に、秋田さん夫妻が千葉市の自宅を行ったり来たりして週の半分を過ごしている。
 いちはらアート×ミックス取材の合間に「寒いので中でお茶でもどうぞ」と夫妻に声をかけていただき、お言葉に甘え玄関を開けると…、3階屋根裏部屋までの吹き抜け部分に、およそ7メートルの高さのクライミングウォールが!
 これはフリークライミング歴10年のご主人、信也さんが「好きが高じて」造ったもので、時々遊びに来るお孫さんたちも一緒に楽しんでいるとか。還暦を過ぎたとは思えないエネルギッシュに行動する信也さん、実は定年まで大学のスポーツ健康科学部の教員をしていたそう。今夏、アメリカで開催されるサッカーのベテランズカップに日本人選手として出場が決まっているという、現役のサッカー選手でもある。 
 敷地内の倉庫には海・川用の10艘のカヌーやカヤックが納められており、うち3艘は自作と聞き、再びビックリ。奥様の「やりたいこと多すぎ」の言葉に「そのために一生懸命働いてきたんだ~」と信也さん。これからも市原で人生をエンジョイしてほしい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る