いちはら珍百景? 玄関を入るとクライミングウォールがある家

 高滝湖畔に建つ、ウッドデッキが広く洒落た外観の新築戸建て。この家には『第二の人生』を謳歌しようと退職を機に、秋田さん夫妻が千葉市の自宅を行ったり来たりして週の半分を過ごしている。
 いちはらアート×ミックス取材の合間に「寒いので中でお茶でもどうぞ」と夫妻に声をかけていただき、お言葉に甘え玄関を開けると…、3階屋根裏部屋までの吹き抜け部分に、およそ7メートルの高さのクライミングウォールが!
 これはフリークライミング歴10年のご主人、信也さんが「好きが高じて」造ったもので、時々遊びに来るお孫さんたちも一緒に楽しんでいるとか。還暦を過ぎたとは思えないエネルギッシュに行動する信也さん、実は定年まで大学のスポーツ健康科学部の教員をしていたそう。今夏、アメリカで開催されるサッカーのベテランズカップに日本人選手として出場が決まっているという、現役のサッカー選手でもある。 
 敷地内の倉庫には海・川用の10艘のカヌーやカヤックが納められており、うち3艘は自作と聞き、再びビックリ。奥様の「やりたいこと多すぎ」の言葉に「そのために一生懸命働いてきたんだ~」と信也さん。これからも市原で人生をエンジョイしてほしい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る