ふるさとビジター館

庭の片隅のトキワハゼ

 庭の片隅に咲く、地面すれすれの小さな花に気付いた。今年初めて芽生えたのではなく数年前からあったようで、十数株もあった。名前はトキワハゼ(常盤爆米)といい、爆ぜ米に似た花が一年中咲くので常盤と付いたという。
 大きさは1センチぐらいの唇形花で、上唇は紫色、下唇は淡い紫を帯びた白色に黄色と赤褐色の斑紋がある。顔を近づけてみると、立って見た時より鮮やかな色合いをしている。放っておけば高さ20センチぐらいになるようだが、我が家では日当たりが悪いのか5センチを超える株は見当たらない。冬場は数が少ないもののどれかの株に花が咲き、一年中見られた。
 地面すれすれにカメラを置き横から撮ってみたら、上からとは見違える写真になった。大地をはい回る小さな虫たちにはこのように見えるのだなと感じた。大輪とまではいかなくとももう一回り大きく咲いていたら、もっと記憶に残る印象を与えていたろうと思う。
 携帯でもデジカメでも花に近づけ、上から、下から、右から、左からとポーズを変えて数多く撮ってみると案外いい写真が撮れていたりする。設定をチューリップマークのマクロ(近接撮影)にすると、カメラを近づけてもピンボケしないので小さな花には有効だ。
 散策で見かけた野草を掘って「採る」方たちには、同じ「とる」でもカメラで「撮る」ことをお奨めします。そうすれば市原の多様性豊かな自然を大勢の人たちに楽しんでもらえ、子供たちの世代まで残すことができるから。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る