いちはらアート×ミックスに行こう!里見駅でほっこり休憩

要チェック 鑑賞&実用公衆トイレ編

 上総牛久駅から5つ目の里見駅では、地元の地域活性化に取り組んできた『喜動房倶楽部』の皆さんが、第1・3土・日曜日に開催している『週末喫茶』。駅舎横に建てられた売店で、採れたて新鮮野菜を使った惣菜や飲み物、おふくろの味の弁当などを販売している。  
 その横のスペースには、季節の朝採り野菜などが並び、「鮮度が抜群」、「安い!」、「スーパーに並ばないような野菜がある」等々、買い物客には人気。敷地内にはテーブル&ベンチがあり、飲食もできるし、トイレ(男女別)もあるので休憩ポイントとしての利用も。
 また、駅に列車が到着し停車している間に、『喜動房倶楽部』のメンバーが列車に乗り込み、駅弁の販売もする。
 開催中のアート×ミックス期間中は、土・日曜・祝日に、食のプロジェクトとして参加する『スマイルズ生活価値拡充研究所』による市原の食材を使った3種類の『なっぱすごろく/わっぱ駅弁』の販売も。ちなみに、上総牛久駅では平日も販売している。いずれも11時から。
 お隣、飯給駅には、アート×ミックスの作品でもある公衆トイレ『トイレットインネイチャー』が。黒い板塀に覆われた女子トイレ。使用時に白いカーテンを引いて目隠しする。個室がひとつだが、横に男子・女子・バリアフリートイレもある。
 その次の駅、月崎駅にはログハウスの公衆トイレ。男女共用。更に行き、養老渓谷駅の手前、愛称「トトロの駅」上総大久保駅にスタイリッシュな公衆トイレがある。こちらもアート×ミックスの作品『森の入口』。一級建築士事務所『CLIP』が設計。森に抱かれたイメージに合った、来訪者を森に誘うような斬新なデザイン。地元の相田工務店が施行中のところ、代表取締役の相田守さんにお話を伺うと、「多目的1室、女子2室、男子1室あります。駅から見て中央の通路の先に、後ろの竹林が見えるようになっています。男子トイレと通路のトンネル部分が黒、女子トイレと多目的トイレが白、外観はシルバーで仕上げ、天井はスケルトンになっており外が見えます」とのこと。これもまた要チェック!の鑑賞したいトイレ。
 会場周りの、ひと休みスポットとして是非、立ち寄ってみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る