いちはらアート×ミックスに行こう!里見駅でほっこり休憩

要チェック 鑑賞&実用公衆トイレ編

 上総牛久駅から5つ目の里見駅では、地元の地域活性化に取り組んできた『喜動房倶楽部』の皆さんが、第1・3土・日曜日に開催している『週末喫茶』。駅舎横に建てられた売店で、採れたて新鮮野菜を使った惣菜や飲み物、おふくろの味の弁当などを販売している。  
 その横のスペースには、季節の朝採り野菜などが並び、「鮮度が抜群」、「安い!」、「スーパーに並ばないような野菜がある」等々、買い物客には人気。敷地内にはテーブル&ベンチがあり、飲食もできるし、トイレ(男女別)もあるので休憩ポイントとしての利用も。
 また、駅に列車が到着し停車している間に、『喜動房倶楽部』のメンバーが列車に乗り込み、駅弁の販売もする。
 開催中のアート×ミックス期間中は、土・日曜・祝日に、食のプロジェクトとして参加する『スマイルズ生活価値拡充研究所』による市原の食材を使った3種類の『なっぱすごろく/わっぱ駅弁』の販売も。ちなみに、上総牛久駅では平日も販売している。いずれも11時から。
 お隣、飯給駅には、アート×ミックスの作品でもある公衆トイレ『トイレットインネイチャー』が。黒い板塀に覆われた女子トイレ。使用時に白いカーテンを引いて目隠しする。個室がひとつだが、横に男子・女子・バリアフリートイレもある。
 その次の駅、月崎駅にはログハウスの公衆トイレ。男女共用。更に行き、養老渓谷駅の手前、愛称「トトロの駅」上総大久保駅にスタイリッシュな公衆トイレがある。こちらもアート×ミックスの作品『森の入口』。一級建築士事務所『CLIP』が設計。森に抱かれたイメージに合った、来訪者を森に誘うような斬新なデザイン。地元の相田工務店が施行中のところ、代表取締役の相田守さんにお話を伺うと、「多目的1室、女子2室、男子1室あります。駅から見て中央の通路の先に、後ろの竹林が見えるようになっています。男子トイレと通路のトンネル部分が黒、女子トイレと多目的トイレが白、外観はシルバーで仕上げ、天井はスケルトンになっており外が見えます」とのこと。これもまた要チェック!の鑑賞したいトイレ。
 会場周りの、ひと休みスポットとして是非、立ち寄ってみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る