中房総国際芸術祭いちはら×アートミックス ニュース&インフォメーション

 3月21日(祝)、『中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス』開会式が市原湖畔美術館で行われ、アーティストを含む約200人が集まり、総合ディレクターの北川フラムさんが開会宣言をした。
 飯給駅前にある藤本壮介さんの作品『トイレットインネイチャー』近くに、市原在住の画家・前田麻里さんの作品と、沿線の里山保全活動を行っている団体『市原ルネッサンス』の松本靖彦さんの写真作品などを展示している『ギャラリーいたぶ』。開館は毎週(土)・(日)、場合によって(祝)も。9~16時。ギャラリーだが、入場無料で休憩所としても利用できる。お茶のサービスあり。4月5日(土)・6日(日)には、里山カレーの販売も。
 取材日には公演初日を終えた、本紙1面記事でもご紹介した『指輪ホテル』の芸術監督、羊屋白玉さんが公演の協力のお礼にと立ち寄り、松本さんやギャラリーのオーナー、木村さんたちとお喋り。羊屋さんはニューズウイーク日本誌の「世界が認めた日本女性100人」に選ばれた人。

『里見駅で駅弁ゲット第一号は?』
 開会式のあと会期中、里見駅で販売されている駅弁『なっぱの三色わっぱ』を最初に購入したのは、小湊鐵道の石川社長。2個お買い上げ~。皆さんも期間限定の駅弁、是非、食べてみて。

プレスツアー後に旧里見小で前夜祭開催
開催前日のプレスツアーには市外、県外から大勢の参加者があった。
ツアー終了後、旧里見小で開かれた前夜祭。夕方から2時間ほど、参加作家さんと歓談したり、また作家さん同士の交流もされた。
そんな中、更に場を盛り上げたのは、作家紹介の時間にアドリブで進行役を務めた舞踏団トンデ空静・主宰の松原東洋さん。残念ながら舞台公演は3月で終了してしまったが、4月5日(土)・6日(日)・13日(日)11~15時までの間、菜の花畑の会場(総大久保駅と養老渓谷駅間)で、ちんどん練り歩きを行う『菜の花わきたち祭』を開催。春の陽気に誘われて、お出かけを!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る