楽しみ方いろいろ!いちはらアート×ミックスへ行こう

 養老渓谷駅から歩いて10分ほどで、アートハウスあそうばらの谷へ着く。この会場には、大巻伸嗣さんの作品『おおきな家』が展示されている。古民家ギャラリーの中で展開する空間芸術作品。この民家に人が暮らしていた記憶を表現している。室内は暗いので足もとに注意。また、他会場の作品についても同様だが、会場が暗く光を利用したものは、じっくり鑑賞することを勧める。時々、「○○が見えただけだったので、すぐ出てしまった」という声を聞くが、時間の経過で変化する仕掛けになっている知ると「もっとしっかり観ておけばよかった」と残念がる人がいるので。

「おうちごはんでマネしたい!」
 ギャラリー横にあるレストラン『なっぱすごろく/山覚俵家』では、スマイルズ 生活価値研究所のプロデュースで、JA市原市女性部の皆さんが調理や接客をしている。
 工房をリニューアルした店内は、近くの森や小川のライブ音が流れる癒しの雰囲気。営業時間は10時から17時。ランチビュッフェは11時30分から14時。メニューは、主に市原産の具材15種類から、自分で選んでごはんにトッピングする『季節の混ぜごはんセット』。お代わり自由の混ぜごはんと味噌汁に惣菜3品とドリンク付き。ズラリ並んだ具材の入った鉢の隣には、梅干しやお新香も。ランチタイム終了後の午後カフェではお代わりなしの同セットの他、豆腐ドーナツなどの和スイーツも。日本茶には知る人ぞ知る煎餅『いちせん』も付く。
「フキ、落花生、ヒジキ等、ヘルシーな食材がたっぷり。ごはんも味噌汁も全部が美味しい。素材の味が生きている」、「スタッフがお母さんみたいな温かい人たちで、おうちにいるみたいにくつろげる」、「是非、家でもマネしてみたいごはん」とお客さんの評判も上々。また、多くのお客さんが「きれい」と言って混ぜごはんの写真を撮っていた。
 女性部の皆さんは「米は市原産の養老のめぐみ。混ぜごはんというと、炊き込みと思う方が多いので珍しがられます。ふだん野菜を食べないというお子さんも召し上がっています」と話す。

非日常の世界で遊ぶ
 芸術鑑賞は美術館やギャラリー等で絵画や彫刻などの作品を観るものだけではないと、アートに関心が高くなかった人たちに気づかせてくれた今回の芸術祭。
 展示空間を含めて作品とみなし、光や音など物を拠り所にしない素材を使う手法、インスタレーションが各会場でみられ、体験型の作品は老若男女問わず刺激と感動を与えた。そのひとつ、上総大久保駅近くにある会場、いちはら人生劇場(旧白鳥小)の校舎内では、教室や職員室を劇場に見立てた参加型のカン・ユンスさんの作品や、宇宙旅行を疑似体験させるようなジティシュ・カラットの映像作品が展示されている。
 2階会場への入口は、トンネル(穴)をくぐって階段を。そこに広がるのは、吉田夏奈さんの作品『もぐら』。もぐらの視点で作られた。リアルな地層が目に飛び込んでくる。次の教室は、澄んだ音色が心に響くミルチャ・カントルさんの作品。約50個の風鈴が天井から吊されている。
ドアに取り付けたヒモにより、ドアの開閉で風鈴が鳴る仕組み。長い廊下には、西堀隆史+ウィット・ピンカンチャナポンの作品、竹で編んだトンネル『呼吸する廊下』が。まさに呼吸しているように、ゆるく動く。
 この会場でも五感を刺激してくれる作品に出会えるだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る