プロが伝授! マアジのおろし方

 4月13日(日)、五井公民館主催で『魚のおろし方講座』が開催され、19名の受講者が『おろし方』のコツを学んだ。(有)魚鶴代表取締役で同講座の講師である鶴岡早次郎さんは、「包丁は力を入れず、骨の上を軽く滑らせる感じで。刃渡りを多く使って」とアドバイス。講座で扱った魚は最も一般的で人気のある魚、『マアジ』。受講生は煮魚と焼き魚用、刺身やたたき、酢の物にできる三枚おろしに挑戦した。
 プロが伝授するおろし方は以下。(1)エラを取る。顎の辺りに刃先を刺し込み、軽く手首をひねる感じでエラをくり出す。おろされた魚を購入する場合はエラが付いたままだが、これは焼いたあと臭いの元になる。また顎と身体が繋がっているところは仕上げの見た目が悪くなるため、切らない。(2)刃先を滑らせるようにしてぜいごを取る。(3)腹部に切れ目を入れ、内臓を取り出す。裏技として割り箸を2本刺しくるりと回すとエラと内臓が一緒に取れる。焼き魚と煮魚はここで完成、三枚おろしにするには、(4)上身の腹から、そして返してから背中にも包丁を入れる。上身を切り離してから下身も同じ要領でおろす。(5)腹骨を取って完成。真中の骨はフライにしてほねせんべいや出汁にも使える。
 鶴岡さんからは、「真水で洗うと魚が白くなるので、お店で購入する時は色がより綺麗なものがいい」など日常ですぐ参考になる話も聞けて、みんな大満足の顔でおろした魚を頬張った。五井公民館では5月から毎月1回、1年間かけてアンコウやかつお、鯛など季節に合わせた魚のさばき方講座を開催し、受講生を募集中。

問合せ 藤田さん
TEL.090・3217・7455

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る