体協通信 近年の二大プロジェクト 市原市アーチェリー協会

 2011年4月よりスタートした「団塊のアーチェリー&ターゲット吹き矢教室」の当初の目的は団塊世代の仲間づくりを目的とした教室であった。参加者全員初めて弓を手にする人ばかりなのに、わずか1年で市原市の代表選手として千葉県民アーチェリー競技大会に出場する人も出現した。そのパワーをもって2014年より名称を「Dankai Power Club」に改めた。種目もアーチェリーとターゲット吹き矢にビームライフル射撃も加え毎週木曜日に集っている。今、市原市で最も熱い世代のクラブである。
 次に当協会が2012年に打立てた「千葉県民大会制覇5カ年計画」の一環としてジュニアの強化育成を2012年12月よりスタートした。市民アーチェリー教室の中から、可能性の高い子をスカウトし現在、強化生は小学2年生から中学2年生までの7名である。そのうち特別強化選手として認定したジュニアについては、弓具等費用面を当協会で全面的にバックアップしている。
 第一目標は市原市の代表選手として県民大会に出場する事である。中期目標は県レベル、国レベルの代表選手を目指すことであるが、最終目標は30年後の市原市アーチェリー協会のリーダーとなることである。
 Dankai Power Clubとジュニア強化チームの結成が近年の二大プロジェクトである。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る