房総往来

花の絨毯 山里吾郎

 目映い新緑と色鮮やかな花々。春の到来は季節の移り変わりを一番、実感させる。冬からの決別はまずサクラ。淡いピンクの花びらが日本中を浮き立たせる。追いかけるようにツツジ、フジ、ボタン、シャクヤク。まさに百花妍を競い、やがてアヤメ・ショウブが梅雨を連れてくる▼今年は冬が長く、寒さもひとしおだったせいか、4月は春の花を堪能した。市原の新名木になりそうな「大俵山桜」をはじめ各所のシダレザクラ、チューリップ、大ぶりのボタン、貴重な白いカタクリの花も目にした▼そのなかで強烈な印象を残してくれたのが芝桜。群馬県館林、埼玉県秩父市の羊山公園など全国の名所は良く映像で目にしていたが、群生を間近で見たのは初めてだった▼東京ドイツ村。隣の袖ケ浦市に2001年に開園した遊園地。ほとんどが芝生に囲まれた広場で、東京ドームの27倍。「ドイツの田園風景」をイメージ、東京の冠は(東京湾)アクアラインに由来したという▼近過ぎるせいか、同園を訪れたのも初めてだった。年末のイルミネーションの時期に一度は計画したのだが結局、春を待っての訪問となった▼多くの人を飲み込んだ園内で、芝桜はすぐ目に飛び込んできた。薄ピンク、薄紫、白…。鮮やかな花の絨毯が高台を埋め尽くす。しばし見惚れたあと撮影ポイントを求めて人波をかき分け上へ、上へ。登り切ったところから見下ろす素晴らしいコントラスト。びっしりと埋め尽くすピンクと薄紫の花々の先に観覧車を写し込み、
満足の絵図が完成した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る