房総往来

花の絨毯 山里吾郎

 目映い新緑と色鮮やかな花々。春の到来は季節の移り変わりを一番、実感させる。冬からの決別はまずサクラ。淡いピンクの花びらが日本中を浮き立たせる。追いかけるようにツツジ、フジ、ボタン、シャクヤク。まさに百花妍を競い、やがてアヤメ・ショウブが梅雨を連れてくる▼今年は冬が長く、寒さもひとしおだったせいか、4月は春の花を堪能した。市原の新名木になりそうな「大俵山桜」をはじめ各所のシダレザクラ、チューリップ、大ぶりのボタン、貴重な白いカタクリの花も目にした▼そのなかで強烈な印象を残してくれたのが芝桜。群馬県館林、埼玉県秩父市の羊山公園など全国の名所は良く映像で目にしていたが、群生を間近で見たのは初めてだった▼東京ドイツ村。隣の袖ケ浦市に2001年に開園した遊園地。ほとんどが芝生に囲まれた広場で、東京ドームの27倍。「ドイツの田園風景」をイメージ、東京の冠は(東京湾)アクアラインに由来したという▼近過ぎるせいか、同園を訪れたのも初めてだった。年末のイルミネーションの時期に一度は計画したのだが結局、春を待っての訪問となった▼多くの人を飲み込んだ園内で、芝桜はすぐ目に飛び込んできた。薄ピンク、薄紫、白…。鮮やかな花の絨毯が高台を埋め尽くす。しばし見惚れたあと撮影ポイントを求めて人波をかき分け上へ、上へ。登り切ったところから見下ろす素晴らしいコントラスト。びっしりと埋め尽くすピンクと薄紫の花々の先に観覧車を写し込み、
満足の絵図が完成した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る