房総往来

花の絨毯 山里吾郎

 目映い新緑と色鮮やかな花々。春の到来は季節の移り変わりを一番、実感させる。冬からの決別はまずサクラ。淡いピンクの花びらが日本中を浮き立たせる。追いかけるようにツツジ、フジ、ボタン、シャクヤク。まさに百花妍を競い、やがてアヤメ・ショウブが梅雨を連れてくる▼今年は冬が長く、寒さもひとしおだったせいか、4月は春の花を堪能した。市原の新名木になりそうな「大俵山桜」をはじめ各所のシダレザクラ、チューリップ、大ぶりのボタン、貴重な白いカタクリの花も目にした▼そのなかで強烈な印象を残してくれたのが芝桜。群馬県館林、埼玉県秩父市の羊山公園など全国の名所は良く映像で目にしていたが、群生を間近で見たのは初めてだった▼東京ドイツ村。隣の袖ケ浦市に2001年に開園した遊園地。ほとんどが芝生に囲まれた広場で、東京ドームの27倍。「ドイツの田園風景」をイメージ、東京の冠は(東京湾)アクアラインに由来したという▼近過ぎるせいか、同園を訪れたのも初めてだった。年末のイルミネーションの時期に一度は計画したのだが結局、春を待っての訪問となった▼多くの人を飲み込んだ園内で、芝桜はすぐ目に飛び込んできた。薄ピンク、薄紫、白…。鮮やかな花の絨毯が高台を埋め尽くす。しばし見惚れたあと撮影ポイントを求めて人波をかき分け上へ、上へ。登り切ったところから見下ろす素晴らしいコントラスト。びっしりと埋め尽くすピンクと薄紫の花々の先に観覧車を写し込み、
満足の絵図が完成した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…
  6. 現在、歯科保健の分野では、高齢者においても歯の喪失が10歯以下であれば食生活に大きな支障を生じないとの研究に基づき、生涯にわたり自分の歯を…
  7. イソヒヨドリ  「ツツ ピーコ、ピィー」と高く澄んだ心地よい美声。かなり前に沖縄で、初めてこの鳴き声を聞いた時、観光案内のバスガイドさんの…
  8. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  9.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  10.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る