自分のカラダと向き合って健康を取り戻そう

「正しい姿勢や歩き方をマスターするとカラダは楽になり綺麗になります」と話すのはいちはら市民ネットワーク代表の桑田尚子さん。そこで、自分のカラダを知ってほしいと、いちはら市民ネットワークが行っている連続講座『からだの声を聞いていますか?』が、5月25日(日)、ちはら台コミュニティセンターで行われた。
 今回は講師に日本ウォーキングセラピスト協会認定インストラクターの石塚雅子さんを招き、『心も身体もウキウキ整体ウォーキング』と題し、リンパを流すストレッチから、正しい姿勢、歩き方を学んだ。まず石塚さんから、「ヒザが痛いとかカラダの悪いところを治したいと思っても、自分のカラダを知らないで情報に振り回されると、逆にカラダを壊してしまいます。まず自分のカラダを知ることが大事。そして毎日続けることで体調もよくなっていきます」と話があり、まずは足のリンパを流すストレッチを。
 足の指を1本ずつ丁寧に伸ばす。そして親指と小指を左右にグッと開く。その後、腸内の働きを刺激するかかとを勢いよくさすり、第2の心臓と呼ばれるふくらはぎは下がった血液を上へあげるよう下から上へと絞り上げ、足首はアキレス腱をつまんだままつま先を上下に動かす。簡単なストレッチと思いきや、あちこちから「痛い」という声が。「自分のカラダが硬いことを知ってください。柔らかくなればケガも防げます」と石塚さん。
 そして立ち姿勢へ。大事なのは肩甲骨を寄せて絞めること。石塚さんは「歩く時も肩甲骨をしっかり動かせば、骨盤もついてきます」と話す。タオルの端を両手で持ち、前から後ろへ、そして後ろから前へ。この運動を毎日続けるとよい。歩くときは前かがみにならず、ヒジを後ろへ引く意識で歩き、かかとから着地。そのときグッとつま先を上げ、親指から降ろし、もう片方の足を蹴る。「このローリング運動はモデルさんもやっています。腰骨から動かす意識で歩きますが、体幹が弱いと曲がってしまいます。真っ直ぐな線を歩くよう意識してください」と石塚さん。
 最後に石塚さんの補助で正しい姿勢で歩いてみると、みんな「全然違う」、「すごく軽い」とビックリ。「自分がどうやって歩いているか自覚しないと改善はできません。毎日の生活に少しでも取り入れてもらえればうれしいです」と石塚さん。自分のカラダと向き合うことが健康への第1歩。7月27日には『はじめての自力整体』を予定。みなさんもカラダの声を聞いてみよう。

問合せ いちはら市民ネットワーク
TEL 0436・21・1907

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る