自分のカラダと向き合って健康を取り戻そう

「正しい姿勢や歩き方をマスターするとカラダは楽になり綺麗になります」と話すのはいちはら市民ネットワーク代表の桑田尚子さん。そこで、自分のカラダを知ってほしいと、いちはら市民ネットワークが行っている連続講座『からだの声を聞いていますか?』が、5月25日(日)、ちはら台コミュニティセンターで行われた。
 今回は講師に日本ウォーキングセラピスト協会認定インストラクターの石塚雅子さんを招き、『心も身体もウキウキ整体ウォーキング』と題し、リンパを流すストレッチから、正しい姿勢、歩き方を学んだ。まず石塚さんから、「ヒザが痛いとかカラダの悪いところを治したいと思っても、自分のカラダを知らないで情報に振り回されると、逆にカラダを壊してしまいます。まず自分のカラダを知ることが大事。そして毎日続けることで体調もよくなっていきます」と話があり、まずは足のリンパを流すストレッチを。
 足の指を1本ずつ丁寧に伸ばす。そして親指と小指を左右にグッと開く。その後、腸内の働きを刺激するかかとを勢いよくさすり、第2の心臓と呼ばれるふくらはぎは下がった血液を上へあげるよう下から上へと絞り上げ、足首はアキレス腱をつまんだままつま先を上下に動かす。簡単なストレッチと思いきや、あちこちから「痛い」という声が。「自分のカラダが硬いことを知ってください。柔らかくなればケガも防げます」と石塚さん。
 そして立ち姿勢へ。大事なのは肩甲骨を寄せて絞めること。石塚さんは「歩く時も肩甲骨をしっかり動かせば、骨盤もついてきます」と話す。タオルの端を両手で持ち、前から後ろへ、そして後ろから前へ。この運動を毎日続けるとよい。歩くときは前かがみにならず、ヒジを後ろへ引く意識で歩き、かかとから着地。そのときグッとつま先を上げ、親指から降ろし、もう片方の足を蹴る。「このローリング運動はモデルさんもやっています。腰骨から動かす意識で歩きますが、体幹が弱いと曲がってしまいます。真っ直ぐな線を歩くよう意識してください」と石塚さん。
 最後に石塚さんの補助で正しい姿勢で歩いてみると、みんな「全然違う」、「すごく軽い」とビックリ。「自分がどうやって歩いているか自覚しないと改善はできません。毎日の生活に少しでも取り入れてもらえればうれしいです」と石塚さん。自分のカラダと向き合うことが健康への第1歩。7月27日には『はじめての自力整体』を予定。みなさんもカラダの声を聞いてみよう。

問合せ いちはら市民ネットワーク
TEL 0436・21・1907

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る