自分のカラダと向き合って健康を取り戻そう

「正しい姿勢や歩き方をマスターするとカラダは楽になり綺麗になります」と話すのはいちはら市民ネットワーク代表の桑田尚子さん。そこで、自分のカラダを知ってほしいと、いちはら市民ネットワークが行っている連続講座『からだの声を聞いていますか?』が、5月25日(日)、ちはら台コミュニティセンターで行われた。
 今回は講師に日本ウォーキングセラピスト協会認定インストラクターの石塚雅子さんを招き、『心も身体もウキウキ整体ウォーキング』と題し、リンパを流すストレッチから、正しい姿勢、歩き方を学んだ。まず石塚さんから、「ヒザが痛いとかカラダの悪いところを治したいと思っても、自分のカラダを知らないで情報に振り回されると、逆にカラダを壊してしまいます。まず自分のカラダを知ることが大事。そして毎日続けることで体調もよくなっていきます」と話があり、まずは足のリンパを流すストレッチを。
 足の指を1本ずつ丁寧に伸ばす。そして親指と小指を左右にグッと開く。その後、腸内の働きを刺激するかかとを勢いよくさすり、第2の心臓と呼ばれるふくらはぎは下がった血液を上へあげるよう下から上へと絞り上げ、足首はアキレス腱をつまんだままつま先を上下に動かす。簡単なストレッチと思いきや、あちこちから「痛い」という声が。「自分のカラダが硬いことを知ってください。柔らかくなればケガも防げます」と石塚さん。
 そして立ち姿勢へ。大事なのは肩甲骨を寄せて絞めること。石塚さんは「歩く時も肩甲骨をしっかり動かせば、骨盤もついてきます」と話す。タオルの端を両手で持ち、前から後ろへ、そして後ろから前へ。この運動を毎日続けるとよい。歩くときは前かがみにならず、ヒジを後ろへ引く意識で歩き、かかとから着地。そのときグッとつま先を上げ、親指から降ろし、もう片方の足を蹴る。「このローリング運動はモデルさんもやっています。腰骨から動かす意識で歩きますが、体幹が弱いと曲がってしまいます。真っ直ぐな線を歩くよう意識してください」と石塚さん。
 最後に石塚さんの補助で正しい姿勢で歩いてみると、みんな「全然違う」、「すごく軽い」とビックリ。「自分がどうやって歩いているか自覚しないと改善はできません。毎日の生活に少しでも取り入れてもらえればうれしいです」と石塚さん。自分のカラダと向き合うことが健康への第1歩。7月27日には『はじめての自力整体』を予定。みなさんもカラダの声を聞いてみよう。

問合せ いちはら市民ネットワーク
TEL 0436・21・1907

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る