地球一周クルーズ

朝日と出会いを葉書絵に

 3カ月で約20カ国を回り地球を一周する船旅、NGO団体ジャパングレイスが運営するピースボート。市内在住、小杉文晴さん(73)は、船上から見た世界各地の海や太陽、出会った人々などを葉書絵に描き続けている。初めてピースボートに参加したのは6年前。昨年の第80回クルーズで4回目の参加となる。
 横浜港を出発し、太平洋を西に向かってシンガポール、インドを通り、紅海に入る。スエズ運河を抜けて地中海へ。途中、バルセロナ、カサブランカなどの港に立ち寄りながら大西洋を横断、石巻を経由して帰港。コースは毎回異なり、寄港地での過ごし方も、観光ツアーに参加する人、国際交流ツアーに参加する人、独自で出かける人と様々。そんな中、リピーターの小杉さんは船上で過ごすことが多いという。
 乗船したきっかけは「3カ月間、船の上で自分の時間を好きなように使えるのがいい。人と話したくなればデッキへ出る。コーヒーを飲みながらの会話は楽しい。若い人が多いので活気があります」と穏やかに話す。テレビやラジオがない代わりに、船内では運動会やファッションショー、ダンスパーティー、水彩画教室に語学教室など多彩なイベントが繰り広げられる。
 小杉さん自身も『世界の朝日を日本へ送ろう』を企画。毎朝、船上で仲間と葉書絵を描く時間を楽しんだ。25年前に四国遍路に出かけたのをきっかけに続けている葉書絵。「芸術は落書きだ」と説く彼が描く人物画は特徴を具現化したイラスト的なもの。遊び心のある楽しい絵だ。一方、空模様や波の表情を描いた風景画は数色を重ね塗りし、心のイメージを表した印象派のようなものが多い。「水平線からきれいな朝日が見えるのは10日に1度くらいです。あとは雲の中。それでも朝日は出ているのです」様々な風景に日付と時間、場所、コメント、自作の落款が添えられている。朝日だけではなく、夕日を描いたものもある。
 クルーズが終わる度に、描きためた葉書絵の個展を開く。5月に稲毛で開いた個展では約600枚の葉書絵ほか油絵など多数の作品を展示した。船上で出会った仲間や葉書絵を通じて知り合った友人を含め、220余名が会場に足を運んだ。中には福岡県など遠方から駆けつけた人も。作品の売り上げ金は、全額を東日本大震災被災者への教育資金を援助する『桃・柿育英会』と『国境なき医師団』に寄付する。
 来年4月には5回目の乗船を予定している。新たな葉書絵コレクションが増えるのは楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る