ピアノカルテット フランスの響き~絵画と詩とともに

 8月6日(水)18時30分から、市原市市民会館小ホールにて、『ピアノカルテット フランスの響き~絵画と詩とともに』(主催/仏蘭西の響き実行委員会・後援/在日フランス大使館他)が開催される。本公演は会津若松公演のあと、東京オペラシティリサイタルホールでの東京公演の前に行われる市原公演。
 奏者はピアノが飛澤直子さん。各国際コンクールで入賞し、10年のフランス生活の後、現在日本で活動中。ヴァイオリンは小林多美子さん。フランス国立リヨン交響団首席第二ヴァイオリン奏者。チェロはフレデリック・デュテイユさん。リヨン市国立音楽院チェロ科教授であり室内オーケストラ首席チェロ奏者。そしてヴィオラが以前、紙面でもご紹介した市原市出身の大矢章子さん。リヨン国立歌劇場管弦楽団のヴィオラ奏者で、ヨーロッパ各地で活躍中。
 今回は一流奏者の演奏に加え、フランス語の朗読と絵画がステージに新たな魅力を添える。「光を表す『ラ』の音を主体とするイ短調、イ長調の曲を集めました。19世紀から20世紀にかけてのフランス音楽の表現の一つである、多くの転調が含まれ、様々な色に変わり情緒豊かな、とてもロマンティックな曲。そこに、同世代の詩人たちの暗唱したくなるようなフランス語の詩を、演劇とフランス文学を専攻している女子高校生、ジュスティーヌに朗読してもらいます。更に、曲が醸し出す豊かな色彩の世界を視覚からも感じていただこうと、毎年3カ月リヨンに滞在し、フランス印象派絵画の影響を受け、癒しをテーマに描き続けている林果さんの絵を舞台に飾ります。19世紀末期から20世紀初頭にかけて、フランスにいた作曲家たちがどのような世界を描いてきたのか。その抽象的な世界を身近に感じてもらえたら」と大矢さんは話す。

チケットは市原市市民会館チケットセンターで販売中(一般2800円・学生1500円)
問合せ 仏蘭西の響き実行委員会・代表 横山さん
TEL 0436・41・5653

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る