ピアノカルテット フランスの響き~絵画と詩とともに

 8月6日(水)18時30分から、市原市市民会館小ホールにて、『ピアノカルテット フランスの響き~絵画と詩とともに』(主催/仏蘭西の響き実行委員会・後援/在日フランス大使館他)が開催される。本公演は会津若松公演のあと、東京オペラシティリサイタルホールでの東京公演の前に行われる市原公演。
 奏者はピアノが飛澤直子さん。各国際コンクールで入賞し、10年のフランス生活の後、現在日本で活動中。ヴァイオリンは小林多美子さん。フランス国立リヨン交響団首席第二ヴァイオリン奏者。チェロはフレデリック・デュテイユさん。リヨン市国立音楽院チェロ科教授であり室内オーケストラ首席チェロ奏者。そしてヴィオラが以前、紙面でもご紹介した市原市出身の大矢章子さん。リヨン国立歌劇場管弦楽団のヴィオラ奏者で、ヨーロッパ各地で活躍中。
 今回は一流奏者の演奏に加え、フランス語の朗読と絵画がステージに新たな魅力を添える。「光を表す『ラ』の音を主体とするイ短調、イ長調の曲を集めました。19世紀から20世紀にかけてのフランス音楽の表現の一つである、多くの転調が含まれ、様々な色に変わり情緒豊かな、とてもロマンティックな曲。そこに、同世代の詩人たちの暗唱したくなるようなフランス語の詩を、演劇とフランス文学を専攻している女子高校生、ジュスティーヌに朗読してもらいます。更に、曲が醸し出す豊かな色彩の世界を視覚からも感じていただこうと、毎年3カ月リヨンに滞在し、フランス印象派絵画の影響を受け、癒しをテーマに描き続けている林果さんの絵を舞台に飾ります。19世紀末期から20世紀初頭にかけて、フランスにいた作曲家たちがどのような世界を描いてきたのか。その抽象的な世界を身近に感じてもらえたら」と大矢さんは話す。

チケットは市原市市民会館チケットセンターで販売中(一般2800円・学生1500円)
問合せ 仏蘭西の響き実行委員会・代表 横山さん
TEL 0436・41・5653

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る