袖ケ浦市民会館で子どもたちと 一緒にわくわくできる一日を!

 6月29日(日)、袖ケ浦市民会館で行われた『わくわく子どもフェスティバル』には約650人の親子連れが訪れた。大ホール棟と中ホール棟に分かれた造りの建物あちこちでは、時間ごとに様々なワークショップが開かれた。オープニングでは、スタッフが音楽に合わせた紙芝居で歌いながら会場を紹介。
 木更津市から来た母親は、「小学生の子どもが2人いる。袖ケ浦図書館によく通っていて、そこでイベントの掲示物を見た。紙を使って作れたら楽しそう」と話す。そこは、ガールスカウト千葉県第87団が設営した『クラフト作り(風車とコマ)』のテーブル。風車を作るには好きな色の紙を2セット選び、編み込むようにして縦と横に置く。紙の先端を中央で輪になるようにする。ホッチキスで紐を止め、好きなシールを選んで貼ることができる。「風車は、紐をもって大きく振るとくるくる回ってとてもかわいい。みんなも回してみて」とガールスカウトのお姉さん。
 中ホール2階では、『ドイツのカード・ボードゲーム体験コーナー』が人気。「初めてのゲームをするときは、誰かに教えてもらうのがいい」と話しながら、スタッフが一から丁寧に説明して回る。『ボツワナ』という動物のマスコットを使用するカードゲームでは、参加した男の子が、「面白い!もう一度やろう」と何度も挑戦する姿も。
 廊下を歩いていると、「次はあっちに行こう!」、「これ終わったらスタンプを押すんだ」と子どもたちの声。12コーナーあるスタンプ設置場所の中、5個ためると帰りにプレゼントがもらえるのだ。3階の中ホールで響く音は、『ロバの音楽座』による0から3歳のためのコンサート。中央に置かれた楽器を中心に、集った約70人のお父さんとお母さんが椅子に座って耳を傾ける。膝に座る子どもたちも、ゆったりとしたメロディーにじっと耳を澄ました。ロバの音楽座は木などの自然の素材を生かした古楽器で演奏している。小さい音なのに心地よいメロディーが45分間、コンサートが終了を迎えるころには気持ちよさそうな寝顔を見せる子どもたちも。大小、太さも違う瓶に息を吹き込み、曲を演奏してしまう彼らには圧巻の一言。
 再び1階に下りると、『虹色るーぷ』が開く『森パステル』に子どもたちが集まっていた。18色のパステルを茶漉しで粉末にする。きのこや葉っぱに切り抜かれた板を紙に乗せて、指にパステルを付けて塗っていく。指で塗ったところに柄を足したり絵を描いたあと、額縁に入れて完成だ。「綺麗に塗れたね」の声に満足げにスタンプを押す子どもたち。
『けん玉道場』にはスタッフに検定5段保持者がいて、技を披露。大人を含めた来場者が、大技に目を丸くしていた。他にも、父親を対象にした『お父さんのための子育て講座』や『親子でエアロビクス体験』など、盛りだくさんの内容に来場者も大満足だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る