ハーブで作るミニ麦わら帽子

 暮らしを彩る『ハーブの育て方と楽しみ方』教室が7月19日に上総更級公園の公園センターで開かれ、20人が参加した。
「肥料をやりすぎると香りが薄くなる。特に窒素肥料は少なめに」と話したのは同センターが開設する『みどりの相談所』の相談員で講師の白瀧嘉子さん。ハーブは弱アルカリ性の土を好むので消石灰や苦土石灰を混ぜて中和すると良く育つ。夏は暑さに弱いので枝を少なくし、寒冷紗をかけたり、鉢底にカマボコ板などを置いたりして気温を下げるとよいそうだ。
 白瀧さんが摘んだばかりのバジル、ローズマリー、ミントなどの枝葉を配ると教室は良い香りでいっぱい。「コモンセージはサルビアの仲間」、「レモングラスは寒さに弱い」など特徴を話すと参加者はメモを取り8種類の植物を名前の印刷された台紙に置いた。「挿し木するときは光の入らない容器に水を入れ、茎を浸けておくと根が出る」そう。
 講義のあとはポプリでミニ麦わら帽子作り。帽子のくぼみに乾燥させたバラとラベンダーを入れ、グルーガンや木工用ボンドを使い薄い布でフタをする。周囲にリボンを巻き、ムギワラギクやスターチスなどドライフラワーを飾ると完成。「消臭や防虫効果がある」とのこと。
みどりの相談所 (水)・(木)・(土)・(日)8時30分から17時15分

問合せ 公園センター 
TEL 0436・20・3555

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る