ハーブで作るミニ麦わら帽子

 暮らしを彩る『ハーブの育て方と楽しみ方』教室が7月19日に上総更級公園の公園センターで開かれ、20人が参加した。
「肥料をやりすぎると香りが薄くなる。特に窒素肥料は少なめに」と話したのは同センターが開設する『みどりの相談所』の相談員で講師の白瀧嘉子さん。ハーブは弱アルカリ性の土を好むので消石灰や苦土石灰を混ぜて中和すると良く育つ。夏は暑さに弱いので枝を少なくし、寒冷紗をかけたり、鉢底にカマボコ板などを置いたりして気温を下げるとよいそうだ。
 白瀧さんが摘んだばかりのバジル、ローズマリー、ミントなどの枝葉を配ると教室は良い香りでいっぱい。「コモンセージはサルビアの仲間」、「レモングラスは寒さに弱い」など特徴を話すと参加者はメモを取り8種類の植物を名前の印刷された台紙に置いた。「挿し木するときは光の入らない容器に水を入れ、茎を浸けておくと根が出る」そう。
 講義のあとはポプリでミニ麦わら帽子作り。帽子のくぼみに乾燥させたバラとラベンダーを入れ、グルーガンや木工用ボンドを使い薄い布でフタをする。周囲にリボンを巻き、ムギワラギクやスターチスなどドライフラワーを飾ると完成。「消臭や防虫効果がある」とのこと。
みどりの相談所 (水)・(木)・(土)・(日)8時30分から17時15分

問合せ 公園センター 
TEL 0436・20・3555

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る