サッカー市民球団 VONDS ICHIHARA 選手紹介

坂本和哉(DF)
背番号17

「熊本県出身。カライモ(サツマイモ)が有名な田舎町です(笑)。3歳の時に保育園の先生と友達に誘われてサッカーを始め、毎日、友達とサッカーして遊んでました。そして、ファジアーノ岡山ネクストでプレーをしたのち、現在、市内の永野病院で総務の仕事をしながらボンズでサッカーをしています。趣味は料理。食べるのも作るのも大好き。カレーライスにはこだわりがあります(笑)。市内でよく行く店は、ログチャチャ。ボンズに入団後、チームメイトや知人に紹介されて行くようになりました。オススメはカツカレーと日替わりランチ!日頃の健康管理としては、食事のとり方に気をつけたり、毎日ゆっくり入浴するようにしています。目標はJFL昇格、Jリーグ参入です!昇格するためには、まだまだ厳しい戦いが続きます。是非、スタジアムでの応援をよろしくお願いします」

小川英昭(MF)
背番号18

「出身は東京都。生まれ育ったのは、もんじゃ焼きで有名な月島。小さい頃から色々なスポーツをして遊んでいました。サッカーは兄がやっていたのがきっかけで7歳から始めました。明海大学サッカー部に所属して、ボンズに所属後、今は市内の永野病院で、医療情報を。パソコンと戦う日々です(笑)。家族構成は母と姉、兄です。趣味はサーフィン。中学生の時に親戚に連れていってもらったのがきっかけ。最初は怖かったけど、波に乗るのは快感です!もっぱら千葉の海で楽しんでます。市原のお気に入りスポットは、ぞうの国。象のショーがすごく面白い。今はペット禁止の家だけど犬を飼いたいですね!自主トレはジムで器具を使ったトレーニングや、体幹トレーニングを。健康管理は、ケガをしないために風呂上がりのストレッチを欠かさずやっています。目標はJ3昇格。市原のために共に戦いましょう!!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  2.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  3.  以前にもこのコラムのなかで書いたことがあると思いますが、14世紀のヨーロッパでは、人口の約3分の1が生命を奪われた黒死病(ペスト)の大流行…
  4.  子供の頃、さわって遊んだ人も多いのではないでしょうか?里山や森の地面に2~3個並んでいるのを見かけるホコリタケというキノコ。ホコリタケとい…
  5.  6月12日(土)、黒田尚嗣さん(65)(ペンネーム『平成芭蕉』)の講演『世界遺産の旅~長崎、天草地方の潜伏キリシタン関連遺産群の旅』が開催…
  6.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  7. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  8.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  9.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る