何の動物の足跡かな?

 野生の動物(特にほ乳類)は警戒心が強く、人前に姿を現すことはめったにない。だが、生存している痕跡は確かに残る。生態を調査するのに、糞、食痕は持ち帰ることができるが足跡はそうはいかない。そこで石膏での型取りという方法をとる。
 今夏、国分寺公民館主催で行われた『集まれ!子ども動物鑑識官』では小2から中2までの16名が参加。事前に講師が採取し石膏で型取った生後数日のニホンジカの足跡を粘土に移し、それを再び石膏で型取りする体験を行った。講師は日本野生生物リサーチセンター(東京都東村山市)代表、里中遊歩さんとアシスタントの小林尚○さん。水と石膏を混ぜて固める作業では四苦八苦する人たちも多かったが、ユニークなスライドと参加者に問いかける形の楽しい授業に、最初は緊張気味だった子ども達も打ち解け、後半は進んで発言する姿が見られた。また、足跡の見分け方についても学んだ。イノシシやシカはひづめ型、イヌやイタチなど肉球のある仲間は指型、クマやサルは人型、ウサギ、リスなどは棒型と4種類に分類される。「今日学んだことを、山へ行ったときにお父さん、お母さんにも教えてあげたい」と小4の女子。
 河川沿いの粘土質の土の上や田、畑、自然公園などで野生動物の痕跡が見られるという。身近なところで探してみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る