いちはら自然探訪no.114
赤い胸飾り クコ

 川の土手や道ばたあたりを歩くと、小さな赤い実が見られる頃になってきた。ナス科クコ属の落葉低木クコ(枸杞)だ。8月から咲き始めた淡紫色の花は大きさ1センチほど。日当たりの良い海岸、土手、林縁、道端によく見られるという。
 小さな緑色の実はやがて大きさ1~2センチの卵形に赤く熟す。枝から垂れ下がる実は、陽に照らされるとブローチかペンダントのように輝く。食品店にある外国産の乾燥クコからは想像できない。花は10月ごろまで次々と咲き続ける。
 葉は互生で2~4センチの楕円形、枝先は節間が詰まり束生状になる。細長くしなやかな枝には稜があり刺もある。ほふく茎を伸ばし、株を次々と作って繁茂する。草刈りが行われるところでは腰の高さぐらいしか育たないが、そのままだと2メートルぐらいになる。
 若葉や果実は食用になり、クコ茶やクコ酒などに使われる。平安時代、すでに生薬として漢方や民間薬に使われている。薬膳という言葉が広まり、薬効のある食材が健康志向の人たちに見直され、テレビで紹介される薬膳料理には赤いクコの実がよく使われる。
 市原の豊かな自然の一端を現しているクコは、埋め立て前の海辺ではよく見られたのだろうか、河口出口の潮風に洗われるところでも見られる。今では薬用植物としての役割は減り、実を採取する人もない。もっぱら野鳥のエサになっているものの、きっと国分寺が建てられた時代から脈々と受け継がれたのではないかと思いを馳せる。自然を愛好する者として、大切に残していきたい。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る