いちはら自然探訪no.114
赤い胸飾り クコ

 川の土手や道ばたあたりを歩くと、小さな赤い実が見られる頃になってきた。ナス科クコ属の落葉低木クコ(枸杞)だ。8月から咲き始めた淡紫色の花は大きさ1センチほど。日当たりの良い海岸、土手、林縁、道端によく見られるという。
 小さな緑色の実はやがて大きさ1~2センチの卵形に赤く熟す。枝から垂れ下がる実は、陽に照らされるとブローチかペンダントのように輝く。食品店にある外国産の乾燥クコからは想像できない。花は10月ごろまで次々と咲き続ける。
 葉は互生で2~4センチの楕円形、枝先は節間が詰まり束生状になる。細長くしなやかな枝には稜があり刺もある。ほふく茎を伸ばし、株を次々と作って繁茂する。草刈りが行われるところでは腰の高さぐらいしか育たないが、そのままだと2メートルぐらいになる。
 若葉や果実は食用になり、クコ茶やクコ酒などに使われる。平安時代、すでに生薬として漢方や民間薬に使われている。薬膳という言葉が広まり、薬効のある食材が健康志向の人たちに見直され、テレビで紹介される薬膳料理には赤いクコの実がよく使われる。
 市原の豊かな自然の一端を現しているクコは、埋め立て前の海辺ではよく見られたのだろうか、河口出口の潮風に洗われるところでも見られる。今では薬用植物としての役割は減り、実を採取する人もない。もっぱら野鳥のエサになっているものの、きっと国分寺が建てられた時代から脈々と受け継がれたのではないかと思いを馳せる。自然を愛好する者として、大切に残していきたい。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る