房総往来 夏の風物詩

山里 吾郎

夏の夜空を彩る花火大会は、その舞台からさしずめ“水と山”に大別できようか。同じ花火でも会場の背景によって、美しさや雄大さが大きく変わってくる▼海や川など「水」を背景にした“水上花火”は何と言っても水面に映えるキラキラ感、例えれば派手な美しさか。逆に“山花火”は静けさの中に演出される大輪と大音響、こちらは素朴な臨場感が持ち味か▼かつては館山や銚子、小見川などで毎夏のように水の花火を楽しんだ。半分は仕事だったが、自分が若かったせいもあるのだろう。派手な美しさは夏の風物詩そのものを感じさせた。逆にこの2、3年は妻の実家がある長南町で山の花火を満喫している▼今年も盆休み最後の8月17日、山に囲まれた小さな町は、ふる里の“山花火”を心待ちにしていた近郷在所の人たちで大きな賑わいをみせた。会場となる総合グラウンド(長南中隣)の周辺道路は早々と交通規制され、多くの観客が見物場所を求めて右往左往。圏央道が開通したことで実家下の道路脇に出来た広いスペースもたちまち見物客で埋まった▼午後7時の開演から2時間半、次々と打ち上げられる光の競演に合わせ大音響が山間部一帯を包み込む。スポンサーの関係もあるのだろう。かつての二尺玉こそ無くなったが、ズシリと響く大輪の“音玉”は山花火の醍醐味を堪能させてくれた▼ところで隣接の市原市では今夏、恒例の高滝ダム花火大会が中止された。聞けば財政難が理由らしいが、秋に移行された市民まつりに続いて盆時期を彩る夏のイベントが消え、帰省してきた市民も寂しい思いをしたのでは…。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…
  2. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  3.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  4.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  5. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  6.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  7.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る