房総往来 夏の風物詩

山里 吾郎

夏の夜空を彩る花火大会は、その舞台からさしずめ“水と山”に大別できようか。同じ花火でも会場の背景によって、美しさや雄大さが大きく変わってくる▼海や川など「水」を背景にした“水上花火”は何と言っても水面に映えるキラキラ感、例えれば派手な美しさか。逆に“山花火”は静けさの中に演出される大輪と大音響、こちらは素朴な臨場感が持ち味か▼かつては館山や銚子、小見川などで毎夏のように水の花火を楽しんだ。半分は仕事だったが、自分が若かったせいもあるのだろう。派手な美しさは夏の風物詩そのものを感じさせた。逆にこの2、3年は妻の実家がある長南町で山の花火を満喫している▼今年も盆休み最後の8月17日、山に囲まれた小さな町は、ふる里の“山花火”を心待ちにしていた近郷在所の人たちで大きな賑わいをみせた。会場となる総合グラウンド(長南中隣)の周辺道路は早々と交通規制され、多くの観客が見物場所を求めて右往左往。圏央道が開通したことで実家下の道路脇に出来た広いスペースもたちまち見物客で埋まった▼午後7時の開演から2時間半、次々と打ち上げられる光の競演に合わせ大音響が山間部一帯を包み込む。スポンサーの関係もあるのだろう。かつての二尺玉こそ無くなったが、ズシリと響く大輪の“音玉”は山花火の醍醐味を堪能させてくれた▼ところで隣接の市原市では今夏、恒例の高滝ダム花火大会が中止された。聞けば財政難が理由らしいが、秋に移行された市民まつりに続いて盆時期を彩る夏のイベントが消え、帰省してきた市民も寂しい思いをしたのでは…。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る