海で戦い、海で癒され、海をこよなく愛する

ボディボーダー 相田 桃さん

 いすみ市岬町在住の相田桃さん(21)は、長生郡の一宮海岸で日々ボディボードの練習に励んでいる。日に焼けた肌に笑顔を浮かべ、「ボディボードは私の人生を変えてくれた。そして、道を作ってくれた」と強く話す。相田さんがボディボードを始めたのは小学校6年生の時。2歳上の姉の影響だった。ボディボードとは、1メートルほどの合成樹脂で作られた板の上に腹ばいになって波に乗り、技を競う競技。「2歳半から水泳をしていたので水に対する恐怖心はなく、すんなりと溶け込めた。サーフィンに比べれば簡単ですよ」と相田さん。
 2009年には全日本級別サーフィン選手権で優勝、2011年には全日本選手権を初制覇した。現在は、元世界チャンピオンの小池葵さんに師事し、アマチュア大会とプロ大会への出場を続けている。アマチュアでもプロの大会に出場可能で、大会で12位に入ればプロの資格が与えられる。相田さんも資格を得てはいるものの、「私は試合が大好き。今はアマチュアでいたいから」という。自身の性格を『負けず嫌い』と評するように、「人と闘うのが楽しい。試合で勝つ時がなによりも嬉しい」のだとか。
 ボディボードは波に乗りながら回る技が多い。コーチの指導の下1年中練習をし、日によって違う課題に取り組んでいる。「海に行って、人の練習を見ることもすごく勉強になる。波の中で走っている位置や動きを学べる。真冬は寒いので、ハワイやバリに行って練習。今年は40日間過ごした。波も良いし、水もとても綺麗。なかでもバリが好き」と目を輝かせた。日本の海はほぼ砂浜なので、台風などの影響で地形が変化しやすい。それにより地形が変わるので、波も変わりやすい。だが、海外の海は岩やリーフであるため地形が変わらず、いつでもいい波がたちやすい。
 水泳の他にも、中高生時代にはヨットやカヌー、ボートなど水に関連したスポーツを経験してきた。朝海に入ってから、学校へ行き、また学校から海に行く。相田さんの生活には、常に『海』が共存していた。「休日や放課後、学校の友達と自由に遊びに行きたいと思ったこともある。でも、海に行けば海の仲間もいる。波に乗ることも楽しくて、私は結局海に行っていた」と振り返る。
 長生郡一宮町には、母親の営むサーフショップがある。颯爽とボードを手にして、店の前にある海に向かう彼女の後ろ姿は、21歳にしては大人びているように見えた。「ボディボードのおかげで海外に行く機会も多く、視野は広がった」という相田さん。ボディボーダーとしての将来についても、決して現実から目を逸らすことはない。「ボディボードは業界も小さく、プロの選手でも職業はかけ持ちをしている。教育や看護系などいろんな職業をしている人もいる。私には、他に何ができるのかと考えている」と語った。
 近い将来、語学留学のためアメリカに渡ることを目標としている。海外で同じ選手同士、言葉が通じなくても大抵のことは通じてしまう。だが、もっとコミュニケーションを取りたいと願っているのだ。
 なぜ、何かで戦うということは人をこんなにも強くさせるのだろう。「今はポイントコールといって競技中に波に乗るごとに点数をコールしてもらえる。コールを聞いて順位と点数を考えて、逆転のために技を変えることも可能。私はプレッシャーを感じないので、それをうまく使えるのが勝因のひとつかな」と話すが、なにより長年の練習も身体に染みついた勝利の証だろう。「去年クラゲに刺された」と指差す左足の傷跡まで、彼女のボディボーダーとしての勲章に見える。
 そして、「行ってみたい外国はグアムやスペインのイビサ島。海がとっても綺麗なんです!私が好きな場所とか行ってみたい場所は、常に海に繋がってしまうんですよね」と苦笑い。休日にはショッピングをしながらのんびり過ごし、同じ試合に出場した仲間と遊びに行くこともある。「まずは語学留学が目標だけど、その前にプロになりたいな」と語る彼女の笑顔に、大きな刺激を受けた。

問合せ http://ameblo.jp/moa14

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る