「恥ずかしがり屋は治る?」
中嶋悦子

 年長児のAちゃんはかなりの恥ずかしがり屋。ママは小学校入学を前にだんだん心配になってきました。先生から挨拶されても黙ったまま。話しかけられると固まってしまう。そのくせ家では、うるさいくらいおしゃべり。
 なんだか、うちの娘の幼稚園時代のようです。娘も友達の中に入れず、皆が遊んでいる様子を眺めているような子でした。
 恥ずかしがり屋の子どもというのは、自信がない子が多いようです。好きなものや打ち込めるものがあると改善されていきます。娘の場合は、ピアノと水泳が好きで、将来の夢は幼稚園の先生になることでした。
 人は、自分が自信を持っている分野だと堂々と振舞えたり、おしゃべりになったりするものです。「私はこれ!」という自分の世界がつくれると、エネルギーが湧き出て自信が出てくるようです。ですから、幼児のうちはのびのびと好きなことができる時間をつくるようにしてあげましょう。恥ずかしがり屋の子は、人数が増えるほど緊張する傾向があります。まずは親と、そして、一人、二人と遊べる子を増やしていくといいですね。恥ずかしくてもいいから、人とのふれあいを増やし、少しずつ集団に慣れさせてあげましょう。
 恥ずかしがり屋だった娘ですが、今では幼いころからの夢だった幼稚園の先生になって頑張っています。恥ずかしがり屋の子でも、自信をつけさせてあげれば大丈夫。将来はきっと、自分らしさを見つけて人生を楽しむことができるようになりますから、気長に待ちましょう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る