金属の魅力を堪能

遊び心あふれる美しい作品と触れ合う

 12月14日(日)まで養老渓谷駅近くのギャラリー酪・ガレリア(窯焼きパンと焼き菓子の店・酪2F)で市原市在住の木下宏昭・喜代美夫妻の『金属で遊ぶ 鉄・銅二人展』が開催されている。鉄工芸作家の宏昭さんの作品約60点(新作含む)と、彫金・七宝作家の喜代美さんの作品約200点(未発表作品含む)が展示されている。
 リタイア後に始め鉄工芸歴15年の宏昭さんと、20代から始めた彫金・七宝歴40年の喜代美さんの二人展は今回が2度目。「銀は色のない魅力。七宝は色のある魅力。銅は自分が楽しんで作るもの。銀ほど細かくなく大胆な作品ができるのが面白い」と喜代美さん。
 知り合いの牧場から蹄鉄を譲り受け初めて作品づくりに取り組んだという宏昭さん。その後も廃材のもつ魅力に惹かれユニークな作品を作り続けてきた。しかし残念なことに最近は廃材が手に入りづらくなり、新しい金属を使うのでアイディアが浮かびにくくなったと苦笑する。
 今は鉄より重厚感には欠けるが、鉄線に興味を見出している。色々な形が考えられるし、影がいいのだと言う。昨年グランプリをとった『第5回溶接人杯』。今年は身体の不調もあり惜しくも最終選考に残るにとどまった作品『故郷への北帰行』も展示した。これからは鉄で絵画的な作品が創れるかトライしたいとのこと。
 一方、奥様の喜代美さんの展示スペースは彫金の技術を生かした銅の作品や色鮮やかな七宝作品、七宝窯で焼いたボトル細工が展示されている。オルゴール入りの作品もある数々の銅ハウス。小さなランプを入れ灯りがもれて並んでいる様は、ハリーポッターの世界?
 銀ならではの煌めきを放つアクセサリーはブローチ兼用のものもあり様々なシーンで使える優れモノ。そして一際目を引く七宝の朱。どんな服にも映えそうな深みのある色だ。ジャズ好きな喜代美さんの作品、ジャズプレイヤーの銅人形もインテリアには最高。今にもメロディーが流れてきそう。今回の作品は灯りがプラスできるものもあるので、これからの季節、部屋に飾ると暖かみを感じられることだろう。またこの時期、養老渓谷の紅葉も見頃を迎える。是非、お出かけを。

問合せ 酪・ガレリア(市原市朝生原220の1)
TEL 0436・96・1299
開廊時間11~16時、(月)(火)休。
作家在廊日(土)(日)(祝)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  2.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  3.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  4.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  5.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  6.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  7.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…
  8.  現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村…
  9.  平成29年に県指定文化財として登録された椎津城跡は、足利氏・武田氏・里見氏・北条氏らが争奪をくり返した中世の城郭で、房総の戦国史におい…
  10.  アジアを代表する美の祭典『ミセスアジア』への第一歩となる『ミセスジャパン』の地区予選大会が、5月19日、東金市の最福寺において開催され…

ピックアップ記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る